タグ別アーカイブ: 飲み比べ

飲み比べ缶編

タイビール飲み比べ 缶ビール編

飲み比べ缶編

前回のビンビール編に続いて、缶ビール飲み比べです。

 

缶ビールの銘柄は、ビンと同じです。下記は、値段の高い順です。

1,ハイネケン 2,シンハー 3,チャン エクスポート 4,LEO 5,チャン

飲み比べの様子です。
飲み比べの様子

 

そして、各人の結果は、下記のとおり。
ビール飲み比べ缶編

チャンエクスポートとハイネケンは飲む人が少ないせいか正解率が低いです。

 

さて、人気順位の方は・・・

●タイのビール飲み比べランキング(缶編)

1位 LEO,   シンハー

3位 チャン エクスポート,   ハイネケン

n05 チャン

なんと、LEOがビン編に続き1位。2冠達成です。

しかし、同ポイントでシンハーも1位。

 

3位も同じポイント数で、ハイネケンとチャンクラシック。

 

5位は、ビン編に続き、チャンがワーストとなりました。

 

シンハービール、ビン編では3位だったのが、缶編では1位。

この理由について解説しましょう。

 

元々は、ビンのシンハービールがシンハービールのオリジナルの味です。

ビンのシンハービールは、氷を入れて美味しいように作られています

(と下川裕治氏の本に書いてありました)

だから、ビンの方は、氷を入れて飲み比べるともしかしたら味の順位は変わったかもしれません。

 

で、缶のシンハーはというと、氷をいれずそのまま飲むことを前提に作られていると考えて間違いないと思います。

ビンのシンハーと缶のシンハーの味を飲み比べれば、缶の方が薄いことに誰もが気づくくらいその差ははっきりとしています。

 

 

そんなゴタクは、まあどうでもいいとして、

バンコクに来てビールを語るのであれば、今回の2冠であるLEO、世界的に有名なシンハー、そして、今回ワーストだったチャンあたりは試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、タイ在住が長い人はなぜかハイネケン比率が高いです。

 

ちなみに管理人夫婦がいつも飲んでいるのは、ビンのシンハーでもちろん氷入りです。

タイのビール

タイのビール飲み比べ (ビンビール編)

タイのビール飲み比べ (ビンビール編)

タイのビール

タイのビールの飲み比べをEZ STAY Bangkokのゲストの方としました!

銘柄は、シンハー、LEO、チャン、チャンエクスポート、ハイネケンの5種類。

ハイネケンは、タイビールではありませんが、タイでは高級ビールとしてかなり一般的なのでラインナップに加えました。

 

こちらのビール、値段の高い順番は、下のとおりです。

1,ハイネケン
(タイ人の誰もが認める高級ビール)

2,シンハー
(歴史もあり世界的にも有名。香川のいるマンUのスポンサーでもある。)

3,チャンエクスポート
(輸出用チャンビールだけどチャンとは味が全然違う)

3,LEO
(タイ人に人気の庶民派ビール。シンハーと会社は同じ)

4,チャン
(一番安い。チャンの味が好きというファンもいる。アルコール度数が若干高い)

 

飲み比べの方法は、

コップにA〜Eまでのラベルを貼り、銘柄がわからない状態で飲んでもらい

一番好きなものから順番につけていくという方式。

銘柄分かる人は、銘柄も書いてもらいました。

タイビール飲み比べ

 

結果は、こちらの通り。
ビール飲み比べ表1
(黄色字の部分が、正解)

毎日ビールをたくさん飲む(もちろん全銘柄飲んでいる)Fさんは、

全問正解の自信ありとおっしゃっていたが、不覚にも全はずしでした。

 

タイに来て2日目のMさんは、なんと3銘柄を当てましたが、

若干ビギナーズラックの感あり(失礼なこといってごめんなさい)

 

ちなみに、タイ在住2年以上の私はというと毎日飲んでいるシンハーは当てたものの

他は、はずしました。

いいわけをすると、LEOとチャンエクスポートの二つはどちらも飲みやすいという点で区別がつきにくい。

そして、一番高いハイネケンと一番安いチャンは、飲みにくい(どちらもクセがある)という点で判別が難しかった・・・というのがはずした言い訳なんですけどね。

 

で、結局のところ、トータルで一番人気のビールは、LEOという結果になりました。

結果はこちら。

●タイのビール飲み比べランキング(ビン編)

1位 LEO

no2 チャン エクスポート

3位 シンハー

no4ハイネケン

n05 チャン

LEOが一番というのは、納得といえば納得。
以前、シンハーとLEOをブラインドテイスティングしたところ
自分も含め85%のゲストがLEOが好きだと答えていました。

 

次回は、   缶ビールをレポートします。