タグ別アーカイブ: おすすめ

マンダレー見どころ4選

マンダレーの見どころといえば、マンダレーヒルだが、その他にも見どころがある。   マンダレーの見どころといえば、マンダレーヒルだが、その他にも見どころがある。

1, 木造寺院

マンダレーの木造寺院 木彫りの彫刻で装飾された寺院で世界遺産に暫定登録されている。ほとんどが、その当時からのものだと思うが、それが長い年月を経て今に残っていて、その中に入れるので間近で見ることができる。世界遺産に本登録されたら、保護のため、中に入れないもしくは、入れるエリアが制限されるのではないだろうか。普通にレリーフに触ることもできる(触らないように!)ので、これからの保存についてこちらが不安になるほど

[ad#ez_bangkok-post_inside]マンダレーの木造寺院  

2, アマンナプトラ

03woodbridge 木造の橋で、かなり長い。 その先に寺院があるらしく、お坊さんが歩く姿が、とても絵になる。夕暮れは、ロマンティックな雰囲気で、カップルならば必ず行くべし。ただし、帰りのバスが早めになくなるので、夕日が沈んだらすみやかに帰った方が良い。 私たちは、バスがなかったので、バイタクで宿まで帰った。  

3, ミングウォン

04ming 大きな岩の寺院。子供がいなければ、岩の上まで登っていきたいところだったが、それでも満足だった。白一色の寺院もなにげに良かった。マンダレーから1日1往復する船に乗っていく。イラワジ川の小トリップが味わえる。「TAXI」と書かれた牛車いてほほえましい。 05taxi

4, マンダレーヒル

06hill 僕は、ここに2回行った。1回目は、ソンテウを乗りついで、2回目はタクシーをチャーターしてだ。 ソンテウを乗り継いで行く場合、サンセットを見た後の帰りのソンテウがあるかどうか微妙。日中行くことをすすめる。 マンダレーヒルからの眺めは、個人的には好きだ。昔は、もっと緑が多くて、素敵な場所だったにちがいない。 サガインやインワには行ってないので、次来る機会があったら行ってみたい。

タイおばちゃんのタイ料理

タイ料理おかず EZ STAY Bangkokから徒歩3分のところにおばちゃんのタイ料理のお店があります。 言葉が通じないのですが、 ガラスケースに入っているのを指さすだけでいいので、 オーダーは、とても簡単。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

おばちゃん 写真慣れしていないのか、ちょっと笑顔が硬いですが、 いつももっと優しい微笑みの表情のおばちゃんです。 さて、先日僕ら二人が頼んだのは、 コームートート(豚ののど肉の唐揚げ) 30バーツ 野菜いため 20バーツ トムカーガイ (ココナッツミルク味のトムヤムクンで、エビの代わりにチキンがはいっているスープ) 30バーツ ごはん 10バーツ でした。 コームートート02 コームートート トムカーガイ トムカーガイ。タイ料理の中でも有名な部類。 毎日メニューが変わるので、何がいくらとは書きにくいのですが、 だいたい、肉や魚系が一皿30バーツ。 野菜系が一皿20バーツ。 ごはんが10バーツ。 です。 場所は、コームーヤーンのお店からクロントーイ市場のほうに5軒となりくらいにあります。 おばちゃんの顔を覚えておけばすぐにわかると思います。 外観 店内 ローカル度90%。 ロンポー内にあるアクロストラベルの日本人スタッフ御用達のお店で 僕らもたまにいくお店です。 料理に派手さはありませんが、おいしいです。 お試しあれ。 NHK 「テレビで中国語」のコラムでも取り上げられていました! http://www.chatabi.net/colum/2062.html  

ベンジャキティ公園

バンコクでジョギングや散歩にオススメの公園①ベンジャキティ公園

ベンジャキティ公園 バンコクのお気に入りの公園を紹介します。 ルンピニ公園も素晴らしいですが、僕が個人的に大好きなのがベンジャキティ公園です。 EZ STAY Bangkokからも歩いて行けます。 ゲストハウスの最寄り駅であるクイーンシリキットコンベンションセンターの横(アソーク寄り)にあります。 大きなため池とそれを周回するランニングコースと自転車道という非常にシンプルな公園なのですが、その雰囲気がとても素敵なのです。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

自転車 水面の向こうに見えるバンコクのビル群が、 バンコクのきれいな部分を切り取ったようで、 何度来てもいいな〜と思えちゃうんですよね。 夕暮れの公園 ボート 時間帯としてベストなのは、日没前後。 サンセットの時間に合わせて行けばバッチリです。 12月の年末ですと、17時半くらいが、日没でした。 サンセット 18時には、恒例の国家が流れ、 国王様に敬意を表す時間をタイの人たちと共有することができます。 日没の後は、空がオレンジやピンク色に染まるゴールデンタイム。 そして、ビルのネオンが水面に映る光景。 タイの写真好きが一眼レフに三脚を用意して その美しい瞬間をとらえようと構えています。 夕焼け 夜景 公園の西側のデッキに座ってまったりするのもいいと思います。 意外と蚊には刺されませんが、念のため虫除けは、持っていくか、塗っていったほうがいいでしょう。 公園には売店がないので、暑い日や、暑い時間帯に行く際は、お水を忘れずに‼︎ 炎天下で走ると熱中症になりますので、くれぐれもの注意ください。 行くなら夕方ですよ‼︎

Yamazakiのシュークリーム

バンコクのシュークリームのおすすめ2つ

Yamazakiのシュークリーム 管理人家族は、親子3人シュークリームが大好物です。 旅行者にとって必要度が高いかどうかは別として、 旅の道中、シュークリームが食べたくなってしまった旅人のために、 シュークリームのおすすめをご紹介します。

●山崎パンのシュークリーム

トップ画像のシュークリームがまさに山崎パンのシュークリームです。 お店には、Yamazakiの看板はなく、こちら↓の「SAINT ETOILE」の名前のパン屋さんで販売しています。

山崎_SaintEtole

[ad#ez_bangkok-post_inside]

日本のコンビニにおいてあるジャンボ シュークリームより一回り大きく 個人的にはキング オブ シュークリーム IN BANGKOKです。 お値段は・・・ 1個30バーツ(108円 ※1バーツ=3.6円 2014年12月レート)です。   場所は、EZ STAYから徒歩でいけるK-ビレッジ(ビッグCの向こうにあるモール)のビラマーケット内にあります。 他に、スクムビット49のサミティベート病院内にもあります。

 

●カスタード中村

カスタード中村

もう一つのおいしいシュークリームは、カスタード中村のシュークリーム。 さきほどの山パン(SAINT ETOILEのことです)のシュークリームがキングだと申し上げましたが、 おいしさで言うとカスタード中村と甲乙つけがたい、 もしかしたら、カスタード中村の方が上かもしれないです。

山パンのシュークリームは、いわゆるスタンダードなシュークリームですが、 カスタード中村は、写真でもわかるとおりシューの上部がメロンパンのようになっています。 店名を見てわかるとおり、カスタードにこだわりがあるシュークリームなので シュークリーム好きは、ぜひ試してみるべき一品です。 お値段は、1個25バーツ(90円 ※1バーツ=3.6円 2014年12月)です。 ちなみに、カスタード中村は、ケーキもおいしいです。 山パンのシュークリームより一回り小さいので、個人的に山パン推しですが、 どちらも、お店の近くを通ると、つい買ってしまう衝動にかられてしまいます。 シュークリーム好きは、ぜひタイのシュークリームも試してください。  

ラマ4のおすすめレストランの料理

ラマ4世通りのローカル度の高いタイ料理屋さん

ラマ4のおすすめレストランの料理 バンコクのラマ4通り沿いのタイ料理のお店に入ってきました。 (今回、初めて行きました) 屋台よりは若干高いですが、 冷房の効いた中でリーズナブルにご飯を食べるにはいいところです。 夜の10時までやっています。 一人でも入りやすい雰囲気もポイントです。 ローカル度髙いですが、英語メニューもあるのがいいです。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

●僕たちが食べた料理を紹介します。

ラープ・ムー

rapu ラープというのは、イサーン(タイの東北地方)地方の名物料理です。 お値段:80バーツ(288円※2014年12月レート 1バーツ3.6円) ムーというのは、豚肉のことで、ラープ・ガイというと鶏肉のラープになります。 辛いのと香草が大丈夫の人は、ぜひ食べて欲しい料理です。僕の大好物です。 このラープを頼んだときに、 マストで頼まなければいけない(僕の主観です)のがカオニャオ。 英語名でスティッキーライスと言います。 もち米のことっす。

カオニャオ

カオニャオ

カオニャオは、ゴルフボールの半分くらいの大きさのボールをイメージしながら、 親指、人差し指、薬指の3本の指で球状にして手で食べます。 ラープの汁にチョンチョンとつけて食べてもイケます! お値段:10バーツ(36円)  

ソムタム・タイ

ソムタム・タイ イサーンの代表的な料理、「青パパイヤのサラダ」です。 ソムタムにもいろんな種類があって、 いわゆるノーマルなのが「ソムタム・タイ」です。 お値段:50バーツ(約180円)  

フィッシュカレー

フィッシュカレー 正直なところ、あまりこのカレーはおすすめしません。 あくまでも個人的な感想ですが、少し脂っこくて胃にもたれる感じです。 お値段:120バーツ(432円) これに白いご飯10バーツ(36円)もあわせてたのみました。

 その他注意事項

席に着くと、氷の入ったコップとペットボトルに入った市販の水が出てきます。 いらなければ、いらないとすぐに言わないと料金に含まれてしまいますが、 僕たちは、そのままその水を頂戴しました。(こういうお店に来るときは、僕らはいつも氷と水はオーダーするので) お値段:水10バーツ(36円)、氷1カップ2バーツ(7.2円)   僕ら二人でトータル284バーツ(1022円)かかりました。 仕事がなければ、昼からビール飲みたかったな〜

お店の場所

[mw-google-maps] ビッグCの更に先でエッソビル(3チャンネルビル)の手前(ちょっとルンピニ公園寄り)。

お店の外観

外観

お店の名前

看板 看板をみると、「カオマイプラーマン」と書いてある。 「新しいお米、魚、油」???な名前、 というか、翻訳が正しくないと思う。誰か正しく翻訳してください。

●個人的な感想

僕個人的には、ラープとカオニャオがおいしかったので、それですべてOK! 大好物のラープが昼間から食べられるところは、知っているが、 エアコンの効いた店内で食べられるところは、近場で知らない。 EZ STAYから徒歩10分くらいなので、 また、ラープとカオニャオ食べに来たい。 次回は、コームーヤーンも試してみたいところ。 昼〜夜10時まで開いてます!                  

ターミナル21フードコート

アソーク駅のおすすめのレストラン(食堂?)ターミナル21のフードコート

ターミナル21フードコート BTS(スカイトレイン)のアソーク駅付近でご飯に食べる場所に困ったら 迷わずターミナル21の5階のフードコートに行くことをおすすめします! 一人旅の旅人は、必ず覚えておいたほうがいいフードスポットです。 (一人旅でなくても、超おすすめです。)  

おすすめする理由

1,安い! 2,うまい(屋台の名店も入っている!) 3,快適!

と3拍子そろっていること。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

1,安い

ターミナル21のような小綺麗なショッピングセンターのフードコートというのは、値段が少し高めというケースが多いのですが、ここは違います。 25バーツくらいからあります。ローカルな食堂とあまりかわらない値段設定のお店もあります。近隣のタイ人OLもいっぱい来てます。

2,うまい

タイ人に人気の名店や老舗が出店しています。 これは現地フリーペーパーにそう書いてありました。

3,快適

エアコンが効いているので快適です。 noodle 今回、僕が食べたのは、これ。 クエイジャップと呼ばれる、太い米麺。 線路の脇で家族でやっていた創業24 年の屋台の老舗の味が、 ここのフードコートで食べることができます! やや漢方風味なので、日本人では、好みがわかれますが、個人的には好きです。 フードコート内のクエイジャップ・サームトゥンというお店で買えます。

クエイジャップ・サームトゥンのお店
クエイジャップ・サームトゥンのお店

他のメニューは、こちら。 僕が頼んだのは、1番。なんと25バーツ!(約75円) メニュー フードコートの中の様子。 一人で食べている人も多いです。 これは、平日11時半ごろの写真ですが、昼休みになると多くの人で混み合います。 エアコンが効いていて、きれいなので快適です! ターミナル21のフードコート内観  

タイのフードコートをはじめて利用する方へ

1,はじめに食券カウンターに行って食券を購入(カードにチャージする方式) 希望額をチャージしてくれますが、 100バーツもあれば十分でしょうから100バーツ札を出せば、 100バーツチャージしたカードをくれます。 (残ったお金は、その日までに同じカウンターに持っていけば残額返金してくれます。) ticket 2,好きな食べ物を各お店でオーダーをして、カードを渡すと店員が代金分カードから引き落とします 3,席付近にフォークやナイフの入ったトレイがあります。 (そこにあるお湯は、フォークやナイフを使う前に洗うためのものです) 4,席を適当に選んで、召し上がって下さい。 5,食べたものは、そのままにしておいて構わないです。(係の人が片付けにきます) 6,食券に残ったお金を食券カウンターに行って払い戻しします。  

気になったもの

ご飯を食べた後、デザートコーナーが気になりはじめます。 人気は、やはりフルーツシェイクでしょう。 これは、好きなカップを選んでそれを店員さんに渡せば、それをフルーツシェイクにしてくれます。 shake メニュー表を見て番号でオーダーしてもOK! shakemenu   マンゴーがたくさん並んでいるスイーツ屋も気になるところ。 カオニャオ・マムアンというココナッツミルク味の餅米の上にマンゴーをのせたデザートもありますよ!(僕は個人的に大好物) mango  

場所

ターミナル21は、スカイトレイン(BTS)のアソーク駅に直結しています。

写真左側がアソーク駅、右側がターミナル21
写真左側がアソーク駅、右側がターミナル21

ターミナル21に入って、5階に行って、 ゴールデンゲートブリッジを目指して下さい! bridge ゴールデンゲートブリッジ付近には、待ち合わせスペース(座れる!)もあるので、 知り合いと待ち合わせの時は、ここで待ち合わせするがいいと思います! longchiar      

カオソイ(チキン)

バンコクでピカイチのうまさのカオソイ

カオソイ(チキン)
カオソイ(チキン)

カオソイの美味しいお店をご紹介します。 EZ STAY Bangkokから徒歩10分のところにある「カオソイ・チェンマイ」というお店です。 カオソイというのは、チェンマイ名物で、ココナッツミルクベースにカレーの入ったスープが特徴の麺です。 麺はやや平べっいチヂれ麺です。 チェンマイに行くと、カオソイ屋さんは、いっぱいあって、 チェンマイに住んでいるタイ人に聞くと、現地の人は1日1回はカオソイを食べる、っていっていたくらい。 地元の人に断トツに指示されている麺なんです。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

カオソイチェンマイの外観
カオソイチェンマイの外観

お店は、タイ港湾局近くの超ローカルエリアの大通りに面したところにあります。

カオソイチェンマイの内観
店内の様子

お昼休み時にいくと、地元の人たちで賑わっています。 店内は、ローカル色プンプンで、旅行者なんてまったくおりません。 わた カオソイチェンマイのメニュー メニューは、店内のホワイトボードに書いています。 タイ人は、あまりカオソイを食べている人はいませんが、気にせず、「カオソイ」と頼みましょう。 カオソイオーダーすると、「チキン or ポーク」って飛行機の機内食のようなことをきかれるので、そこは、自分の好きな方を選んでください。 メニューには、「ビーフ」というのもありますが、この国では、牛肉は期待はずれが多いので、一度も食べたことがありません。 一番上の写真がチキンです。 骨付きチキンなので、食べにくい。だから僕は豚を頼むことが多いです。 妻は、必ずチキンです。 写真は、どちらも普通サイズ。 大盛りもできます。大盛りといっても少し大きくなるだけなので、食べる人は大盛りの方がいいでしょう。10バーツ(30円  )しか変わりませんか)。

カオソイ(ポーク)
カオソイ(ポーク)

カオソイについてくるもの マナオ(ライムみたいなもの)とタマネギとピクルス?がでてきます。 マナオは、スープに絞ってください(別に必ず絞る必要はありませんが)。 タマネギ、ピクルスは、好みでスープの中にいれてもいいですが、僕は入れずにそのまま食べます。 無料水 あと、僕たちは、氷も頼みます。 ホワイトボードに書いてあるように、1人分で2バーツ(6円)です。 それに、机の上にある水を入れて飲みます。 この水は、市販の水ではありませんが、たぶん浄水している水だと思うので、僕たちは気にせず飲んでいます。   10バーツの水 気になる人は、テーブル横に市販の水がありますから、これを飲むといいでしょう。10バーツ(30円)です。 日曜日は定休日です。

プーパッポンカレー

日本から友達が来たら必ず行くお店 珍平酒楼

 

●プーパッポンカレーとガイヤーンの美味しいお店「珍平酒楼」

日本から友達がバンコクに遊びに来る時にいつもいくお店を紹介します。

MRT(地下鉄)ルンピニ公園駅から徒歩5分のところ、ラマ4世通り沿いにある「珍平酒店」です。

ここは、たしか創業60年以上たっているほどの老舗。

タイの王妃様のお誕生日には毎年お料理を献上する名店だそうです。
Continue reading

管理人(夫)が通うお気に入りのマッサージ店:一押しのお店が閉店しました(涙)

「よくオススメのマッサージ屋さん教えてください」 ゲストによく聞かれる質問です。   僕たちは、だいたいプロンポンのワットポースクールのマッサージ屋さんをすすめています。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

その理由は、まず第一に安いこと。2時間400バーツ(約1200円)。 しかも、マッサージ師にハズレがない。 プロンポンのワットポー・マッサージ・スクールのマッサージの場合、 EZ STAYのゲスト、個人的な友達、タイに遊びにきた親・兄弟に薦めてきましたが、皆満足度が高いです。 やはりマッサージ師の学校というだけあって、マッサージ師の教育が行き届いているということなんでしょう。 (同じ店でも人によってウデに差があるということもここタイではよくあることです) このお店のマッサージが合わない人は、タイ古式マッサージは合わないということなので、あきらめた方がいいでしょうね。 トンローにある「もみや」という日本式指圧マッサージにいくことをオススメします。   これほどまでに、ワットポーのマッサージを薦めておきながら、実は僕個人の一番のお気に入りはワットポーではありません。 ワットポーは、第4位です。 3本の指に入るお気に入りのマッサージの1つは、なんとロンポーマンション1階にあるチーママのお店。→残念ながら閉店しました(涙) お店の外観 チーママというのは、お世話になっている社長が、このお店の多分オーナー兼マッサージ師であるタイ人女性のことを「チーママ」と勝手に呼んでいるので、僕らもそういっているだけ。 本当にチーママ(雇われ店長)かどうかは定かではありません。 料金は、1時間250バーツ(750円)、2時間なら450バーツ(1350円)と値段も十分安い。 ウデは、もちろんいいです。(というかウデがよくないと独立できない・・・と思う) 部屋は清潔感あります。

足裏マッサージの場所
足裏マッサージはここでします
マッサージ部屋
タイ古式マッサージはこちらの部屋か奥の部屋で行います
マッサージの着替え
着替え場所にてマッサージの服に着替えたところです
タイ古式マッサージ
チーママのマッサージ。タイ古式マッサージの基本に忠実で丁寧。
値段表
値段表(2013年8月現在1バーツ=3円くらい)
営業時間
営業時間が短くなることはよくあります。ここはタイですから
お休み
その他タイの祝日なんかも休むことあり

マッサージは、チーママしかする人がいない(たまにヘルプが来る場合もあるがこのヘルプもかなり上手かったりする)から、 人によってアタリハズレがあるということもありません。 ネックは、一人しかいないので二人同時にできない。 予約がはいっているとマッサージを受けられないことぐらいです。 このブログ、宿泊客で読まれている方、けっこういらっしゃるので、これからチーママのお店が混んで予約がとれなくなるのではないか・・・と心配です。 1人旅の場合、1人でわざわざマッサージに行くのもなあ〜と思ったら、ここ利用するといいですよ。 ただし、チーママのお店はあくまで管理人(夫)の個人的な好みです。 マッサージは、本当に相性なので。

カオマンガイ(鶏ごはん)オススメのお店

 タイで一番好きな食べ物は、カオマンガイ(鶏ごはん)

私(管理人夫)がタイで何が一番好きかと言われれば、迷わずカオマンガイと答えます。

カオマンガイパソム卵入り
カオマンガイパソム卵入り

  カオマンガイ(鶏ごはん)、別名、シンガポールチキンライスといったり、ハイナンチキンライスといったりする蒸した鶏を鶏ガラスープで炊いたご飯の上に載せた料理です。   このカオマンガイ、意外とアタリハズレがあるんです。   EZ STAY Bangkokの近くにあるアタリのお店紹介します。   場所は、Big Cというスーパーマーケットの1階奥のフードコートにあります。 そのフードコートに行って食べるだけのことですが、注意ポイントをいくつかあげます。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

 注意ポイント

1,まず、フードコートにいったら、中央にあるレジカウンターに行って 100バーツ払いカードを受け取ります。

お金を支払うカウンター。残金払い戻しもこちら
お金を支払うカウンター。残金払い戻しもこちら
こちらがカードです
こちらがカードです

  2,向かって一番左のカウンターがカオマンガイ屋なのです。

カオマンガイ屋お店
カオマンガイ屋お店

  そこで「カオマンガイ」と言って頼みましょう。 そして、店員にカードをキーを渡しますとチャージされた100バーツからお代分を引き落とされます。   3,カオマンガイよりも個人的に好きなのは、鶏の揚げたものと蒸し鶏と半分半分で載せたものです。 これは、「パソム」といいます。

カオマンガイとパソム
カオマンガイとパソム

  4,小皿にタレを入れます。一番左の黒茶色のタレを入れます。 これは少し辛いです。その以外のタレはおそらく必要ないでしょう。 (辛いの苦手な人もご安心を。タレがなくても十分おいしいです)

カオマンガイのタレ
カオマンガイのタレ

  5,あとは、タレをつけながら召し上がって下さい。 (辛いの苦手な人はそのままどうぞ)   6,食べ終わったら食器はそのままで(片付け専用スタッフがいます)   7,チャージされたカードを最初にカードを買ったカウンターに戻すと残金が戻ってきます。   料金は、 ●カオマンガイ:蒸し鶏ののったチキンライス 35バーツ ●カオマンガイトート:揚げた鶏ののったチキンライス 40バーツ ●パソム:蒸し鶏と揚げた鶏、両方のったチキンライス 45バーツ  

書いてあるメニュー翻訳してみました
書いてあるメニュー翻訳してみました

  70〜80バーツのメニューは、 チキンライスなしの肉ばかりってやつです。 飲み会のつまみとしていいかもです。     ショッピングセンターのフードコートなので、 夜19時くらいには閉まってしまいますのでご注意を