より道して日本へ 〜バンコク→ハノイ→上海→日本ルートで帰国〜

上海行きの寝台車

「寄り道」って楽しい。 僕は、2ヶ月に1回は仕事の都合で日本に帰る。 通常は、台湾や上海を経由もしくは、直行便の飛行機で帰ることにしている。 でも、ふと、「寄り道」がしたくなった。 そこで考えたのが、バンコク〜日本へ、飛行機を使わない最短ルートで帰るという「寄り道」ルート。 僕の考える最短ルートは、バンコク→ビエンチャン→ハノイ→広州→上海→大阪というルートだ。 僕の見積もりによるとバンコク→上海まで4泊、上海からフェリーで大阪まで2泊、合計6泊7日でバンコクから日本まで飛行機を使わずに行くことができる。 妻にこのことを話すと、「もう年なんだから24時間バスはやめときな」と諭された。 それで、バンコク→ハノイは飛行機で飛ぶことになった。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

行程

1月14日

7:00 バンコク→ハノイ(エアアジア) ハノイ8:40頃着 空港からハノイ市内のバス停へタクシーで移動

バンコクからハノイへ行きのエアアジア
エアアジアでバンコクからハノイへ。日本円で9900円。プロモーションなら6000円くらいでいける。
 

  10:30 ハノイ→友誼関 14:00到着

LONG BIENバス停前の88 YEN PHUから友誼関まで行くバン。乗り場まではタクシーに連れて行ってもらった。タクシードライバに「ヒューギークワン」と言えば乗り場に連れて行ってくれた
 
道中で見たキノコの瓶詰め。どんなものかすごく気になる
 
トイレ休憩所
途中に1回だけガソリンスタンドでトイレ休憩がある
 
ハノイから中国の国境へ行く途中で買ったとうもろこし
ハノイから中国の国境へ行く途中で買ったとうもろこしは、素朴だけど感動的なうまさだった。7000ドン(35円くらい)
 
ハノイから中国国境に道中で買った昼ご飯がわりの焼き芋
ハノイから中国国境に道中で買った昼ご飯がわりの焼き芋。5000ドン(25円)
 
もうすぐ、ベトナムと中国の国境、の景色
もうすぐ、ベトナムと中国の国境。ポコポコした山の景観を楽しめる
 

  14:20頃 国境通過終了 中国時間15:20に1時間時計を進める。

中国側に抜けたところにある友誼関
中国側に抜けたところにある友誼関
 

  友誼関→憑祥 タクシーで移動。 15:50頃 バスターミナル到着

中国の国境付近のタクシー乗り場
中国の国境付近のタクシー乗り場。公共のバスなどなく、タクシーと交渉した。結局ドライバーの 言い値の40元(600円)で乗ることにした。
 
憑祥のバスターミナル
憑祥のバスターミナル
 

  チケット購入後、遅い昼食件夕食を食べ、 マッサージを1時間程して18:00頃バス停に戻る

広州行きのバスチケットは、簡単にとれた。250元(3750円)
広州行きのバスチケットは、簡単にとれた。紙に「広州」と書いただけ。
 
憑祥の市内の三輪のタクシー
憑祥の市内には三輪のタクシーが走っていた。本音を言えば乗りたかった
 
ピータン粥
バスを待っている間、ピータン粥と足マッサージを堪能した!
 

  19:00 憑祥のバス停出発 → 広州 翌朝7:00着

寝台バスの中
寝台バスは、意外とよく寝れた。爆睡していたので、広州で乗務員に揺り起こされた。
 

1月15日

朝食を広州バスターミナル近くで食べた後、広州駅へタクシーで移動。 広州駅で11:10発上海南行きの夜行列車のチケットを購入。

広州駅
バンコクの空港を出発して24時間で広州に着いた!
 
広州駅の切符売り場
広州駅の切符売り場は、たくさんの人で混んでいた。
 
上海行きのチケット
当日の寝台席があったので、そのまま上海行きの夜行列車に乗ることにした。上海まで24時間 367元(5505円)
 

  電車は、1時間50分の遅延のため13:00発となった。 13:00 広州→上海南 翌日14:00着

上海行きの寝台車
寝台車は、乗る瞬間が一番ワクワクする
 
広州から上海への車内でビールとつまみ
広州から上海への車内で、とりあえずビール
 
車内販売は、売れそうなものは何でも売ろうとする中国。これは、水泳用タオル20元(300円)で売っていた。これはお買い得。

1月16日

上海南駅から地下鉄1号線で人民広場に行き、人民広場近くのユースホステルに行く。

上海の人民広場付近からの夜景
結局バンコクから2泊3日かけて上海に着いた。
 

1月19日

上海で3泊した後、1月19日出発のフェリーに乗船

12:15 上海港 → 大阪南港 1月21日 着

 

かかったお金

バンコク→ハノイ エアアジア(9900円) ハノイ→市内バス停 タクシー      33万ドン(1650円) ハノイ→友誼関 10人乗りのバン   13万ドン(650円) 友誼関バス停→ボーダー 電気自動車  1万ドン(50円) 友誼関ボーダー(中国側)→ 憑ちゃんバスターミナル タクシー 40元(600円) 憑ちゃん→広州 寝台バス 250元(3750円) 広州バスターミナル→広州駅 タクシー 21元(315円) 広州駅→上海南 367元(5505円) 上海南→人民広場 6元(90円) 人民広場→上海港 27元(405円) 上海→大阪南港 2万円 + 150元(2250円) + 30元(450円) 宿泊費 上海3泊 55元×3 = 165元(2475円) 車中2泊、船中2泊、宿3泊という寄り道旅となった。     あくまでも出張なので、バックパックではなく、スーツケースを引き吊りながらの旅となった。 スーツケースは、ガラガラ引けるし、荷物の収まりもいい(列車の座席の下にすっぽり入った)こともあって、案外スーツケース使っての旅もいいもんだと再認識した。 上海〜大阪の船に乗るのは12年ぶりだったが、非常に快適だった。 僕は、この船の旅は、移動ではなく、クルーズだと思っている。 酒のつまみやおやつをたらふく持ち込み、ゲームや本、ビデオをあらかじめ用意して過ごす。船は思ったより揺れず、非常に快適だった。 洋室の2等寝台も寝台車なんかに比べ広くて快適だし、電源も確保できるので、PCも使っていられる。 今の時代、飛行機の方が運賃は安いかもしれないが、僕はこれからも使い続けたいと思っている。 帰りの便(大阪→上海)は、1年オープンチケットですでに購入済みなので、1年以内に必ずまた船に乗船するだろう。 次回は、船で会った昆明在住の日本人のおじさんに会いに、大阪→上海→昆明→ラオス→バンコク という陸路で戻りたいと思う。 あとフェリーに乗る際の注意だけど、日本側での荷物チェックは、念入りに行われるのでくれぐれも肉類・果物・DVDなんかを中国で買ってもってこないように!!

ミャンマービザをバンコクで取る(2015年12月22日確認済み)

ミャンマー領事館前の様子

ミャンマービザをバンコクで取る

(本情報は2013年1月時点でのものですが、2014年4月25日に私たち家族がミャンマービザ申請した時、その後2015年12月22日に管理人自らビザ取得した際確認しました) 当ゲストハウスには、申請書はございません。各人で入手ください ミャンマーのビザは、日本で取ると1週間かかります。(郵送での申請は3週間かかる!) しかも、職業証明書(学生は在学証明書コピー)が必要! 無職の人は非課税証明書、自営業の人は営業証明書が必要と書いてあるではないですか! (参照: ビザ申請要項) そんな面倒な手続きをするくらいなら、バンコクでビザを取ることをおすすめします! 最近は、オンラインでの取得も可能になりました。 おかげでタイのミャンマー大使館の混雑はなくなりました。 “ミャンマービザをバンコクで取る(2015年12月22日確認済み)” の続きを読む

タイ人にも旅行者にも人気のナイトマーケット「アジアティーク」

アジアティック ナイトマーケット

タイ人にも旅行者にも人気のナイトマーケット「アジアティーク」

2012年の4月にオープンした話題のスポット「アジアティーク」。 週末に行くとすごい人が集まる人気のスポットと人づてには聞いていました。 一度は行っておきたい、とずっと思いながら、ずるずるずるずるしているうちに年越えてしましました(^_^; で、もって、つい先日、ゲストの方を誘って、行ってきました!

アジアティーク ナイトマーケット
タイ人にも旅行者にも人気「アジアティーク ナイトマーケット」

 

 

 

結論を先に言うと、ここオススメです。 旅行者は、一度は行った方がいいスポットです。     チャオプラヤー川を船で下ったところに輝く観覧車とマーケットのネオンの灯りのかもしだす雰囲気がいいです。 ワクワク感あります。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

シャトルボートでアジアティックに向かう途中からの写真
チャオプラヤー川を下る先にはナイトマーケットの観覧車の灯りが浮かんでいた
 

  平日なのにそこそこ人で賑わっていて、けっこうな数のお土産屋にできそうな、雑貨・小物、服、アクセサリー、ランプ・・・等々が並んでいます。

アジアティックに並ぶお店
お土産・雑貨などのお店が並ぶ
 

マーケットというとウィークエンドマーケットがバンコクでは有名ですが、 それよりももう少し洒落ていて、雰囲気的にはアウトレットモールに近いでしょうか。

アジアティークのランドマーク的存在の観覧車
アジアティークのランドマーク的存在の観覧車。200バーツで乗車可
 

一緒にいった女性ゲストは、かなり興奮しておりました。 よくゲストの方に、平日でお土産を買い物できる場所を尋ねられて、 いつもその答えに窮していたのですが、 これからは、この「アジアティーク」をおすすめしようと思います。  

EZ STAYからの行き方

1,地下鉄クイーンシリキット駅まで歩きます(夕方は、渋滞するため歩いた方が早い)   2,地下鉄クリーンシリキット駅から地下鉄シーロム駅まで3駅 20バーツ   3,地下鉄シーロム駅でスカイトレイン(以下BTS)に乗り換えます。BTSサラデーン駅まで徒歩5分です。   4,BTSサラデーン駅からBTSサパーンタクシン駅まで3駅 25バーツ   5,BTSサパーンタクシン駅 進行方向側の出口で降りて、チャオプラヤー川の桟橋に行きます。   6,桟橋の川に向かって一番左側のところに、「アジアティーク・フリーシャトル」と書かれた無料送迎ボート乗り場があるので、そこで並んでいる人の列に並びます。   7, フリーシャトルボートで15分ほど、ナイトクルーズ(?)を楽しんだらアジアディークに到着です。   ※帰りは、同じようにボートでBTSサパーンタクシンまで行き、そこから同じように電車で帰ってもいいし、サパーンタクシンからタクシーやトゥクトゥクで帰ってもいいと思います。 私たちは、流しのトゥクトゥクと交渉してBTSサパーンタクシンからロンポーマンションまで120バーツでした。(4人のったので一人あたり30バーツと電車より安かった!)

トゥクトゥク
サパーンタクシンからは、トゥクトゥクで夜の街を突っ走って帰ってきました!EZ STAYまで120バーツ(ひとりあたり30バーツだったので、電車より安かった)
 

  食べるところは、あるので、そこで夜ごはん食べてもいいと思います。 比較的リーズナブルなところは、中央付近にあります。

マーケットの中で食べたマッサマンカレー
マーケットの中でゲストがオーダーしたマッサマンカレー。CNN記者が選ぶ世界No.1食べ物
 

カリプソというニューハーフショーもあります。 急にニューハーフショー見たくなったらここに行くといいと思います。 (当日券よりも旅行会社が販売しているチケットのほうが安いので前日まで予約しておいた方がベターです)   金曜日や週末はかなり混雑が予想されますので、できるだけ平日に行くことをオススメします。

当ゲストハウス人気No.1の食べ物は?

コームーヤーンとカオニャオのセット

あけましておめでとうございます。 今年は心を入れ替えてもう少しブログ書きたいと思います。2013年1本目は、食べ物ネタです。 当ゲストハウスのゲストの多くをうならせた名店(?)があります。 お店に名前はありません。看板もありません。 しかし、このお店のコームーヤーンは絶品です。

バンコクの名店 コームーヤーン
東北タイ料理の代表的料理コームーヤーン(豚のノド肉炭火焼き)

 [ad#ez_bangkok-post_inside]

 

コームーヤーンというのは、豚のノド肉を炭火で焼いたイサーン料理(=東北タイ料理)を代表する料理です。脂がのっていてめちゃウマイです。 コームーヤーンとカオニャオと呼ばれるもち米のセットで35バーツ(肉だけなら30バーツ)。日本円で100円くらい。 (ちなみにネットで調べたところ日本のタイ料理屋では900円ほどでした)

コームーヤーンとカオニャオのセット
コームーヤーンとカオニャオのセットで35バーツ
 

  この味の虜になったゲストは、毎朝のようにコームーヤーンを食べに行きます。宿泊しているゲスト全員で食べにいった日もあります。   たいていのイサーン料理屋さんに、このコームーヤーンはあります。私(管理人)がこれまでバンコクのいろいろなお店で食べたコームーヤーンの中でもここのものが一番美味しいです。

コームーヤーンのお店外観
看板もなりローカルな店構え
 

  なぜ、このお店が美味しいか、私なりに分析してみました。 美味しい理由 1,バンコク一番大きい市場が徒歩5分の場所にあるため、素材が新鮮かつ良い。   2,焼きたて、しかも炭火焼きなのでジューシー   3,このお店のチリソースも美味のため、辛いのがOKの人にとってはさらにポイントアップ(チリソースつけなくても美味しいということもあえて付記しておきます)   私がゲストに広めているおかげ(!)で、12時前に売り切れることも多々あります。日本人客が増えたため、あまり愛想のなかったお店のおばさんも最近では満面の笑顔で日本人を迎えてくれます。

コームーヤーンを店頭で切っている
コームーヤーンは、出来たて、切り立てが美味しい!

タイ・プレミアムリーグ(サッカー)観戦  その1 〜日本の猿田選手大活躍

猿田選手とEZ STAYのゲストが会話する様子

タイサッカーをサッカー大好きのゲストと一緒に見てきました!   タイのサッカーなかなか楽しめました!   タイ人は、熱狂的なサッカー好きなので、盛り上がります! “タイ・プレミアムリーグ(サッカー)観戦  その1 〜日本の猿田選手大活躍” の続きを読む

タイスキの「MK」で私たちがオーダーするもの

 タイスキの「MK」で私たちがオーダーするもの

EZ STAY Bangkokのすぐそばには、ロータスとビッグ・シーという大きなショッピングセンターがあり、その両ショッピングセンターの中に「MK(エム・ケー)」という超有名なタイスキのチェーン店があります。 “タイスキの「MK」で私たちがオーダーするもの” の続きを読む

雨季のバンコク 一言アドバイス

 

バンコクは今雨季なので、雨具(折りたたみ傘)があるといいと思います。

雨季と言っても一日中降り続くわけじゃないので、出かけることはできます。

日差しが強いので、日焼け止め、帽子も必要です。

ほかには、虫よけ、ポケットティッシュ、ウェットティッシュなどもあると便利です。

もし、忘れてもこちらでも買うことはできますので、ご安心ください。

服装は日本の夏と同じで大丈夫ですが、デパートや乗り物内は冷房がきついところが多いので、薄手の上着があるとよいと思います。

タイバーツへの両替およびタイでのキャッシングについて(バンコクに飛行機で到着した場合)

 タイバーツへの両替およびタイでのキャッシングについて

はじめてタイ旅行される方にとって、現地通貨であるタイバーツをどうやって手に入れるか?というのは結構大きな問題ですよね。 バンコクのゲストハウス管理人が書くタイ旅行情報の第一弾として タイバーツへの両替およびタイでのキャッシングについて書きたいと思います。 ただし、これらの情報は、あくまでも個人的な見解なので、間違っているかもしれません。 その場合はご容赦およびご指摘の程お願いします。 “タイバーツへの両替およびタイでのキャッシングについて(バンコクに飛行機で到着した場合)” の続きを読む