カオソイ(チキン)

バンコクでピカイチのうまさのカオソイ

カオソイ(チキン)
カオソイ(チキン)

カオソイの美味しいお店をご紹介します。 EZ STAY Bangkokから徒歩10分のところにある「カオソイ・チェンマイ」というお店です。 カオソイというのは、チェンマイ名物で、ココナッツミルクベースにカレーの入ったスープが特徴の麺です。 麺はやや平べっいチヂれ麺です。 チェンマイに行くと、カオソイ屋さんは、いっぱいあって、 チェンマイに住んでいるタイ人に聞くと、現地の人は1日1回はカオソイを食べる、っていっていたくらい。 地元の人に断トツに指示されている麺なんです。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

カオソイチェンマイの外観
カオソイチェンマイの外観

お店は、タイ港湾局近くの超ローカルエリアの大通りに面したところにあります。

カオソイチェンマイの内観
店内の様子

お昼休み時にいくと、地元の人たちで賑わっています。 店内は、ローカル色プンプンで、旅行者なんてまったくおりません。 わた カオソイチェンマイのメニュー メニューは、店内のホワイトボードに書いています。 タイ人は、あまりカオソイを食べている人はいませんが、気にせず、「カオソイ」と頼みましょう。 カオソイオーダーすると、「チキン or ポーク」って飛行機の機内食のようなことをきかれるので、そこは、自分の好きな方を選んでください。 メニューには、「ビーフ」というのもありますが、この国では、牛肉は期待はずれが多いので、一度も食べたことがありません。 一番上の写真がチキンです。 骨付きチキンなので、食べにくい。だから僕は豚を頼むことが多いです。 妻は、必ずチキンです。 写真は、どちらも普通サイズ。 大盛りもできます。大盛りといっても少し大きくなるだけなので、食べる人は大盛りの方がいいでしょう。10バーツ(30円  )しか変わりませんか)。

カオソイ(ポーク)
カオソイ(ポーク)

カオソイについてくるもの マナオ(ライムみたいなもの)とタマネギとピクルス?がでてきます。 マナオは、スープに絞ってください(別に必ず絞る必要はありませんが)。 タマネギ、ピクルスは、好みでスープの中にいれてもいいですが、僕は入れずにそのまま食べます。 無料水 あと、僕たちは、氷も頼みます。 ホワイトボードに書いてあるように、1人分で2バーツ(6円)です。 それに、机の上にある水を入れて飲みます。 この水は、市販の水ではありませんが、たぶん浄水している水だと思うので、僕たちは気にせず飲んでいます。   10バーツの水 気になる人は、テーブル横に市販の水がありますから、これを飲むといいでしょう。10バーツ(30円)です。 日曜日は定休日です。