カテゴリー別アーカイブ: 食べ物

もつ鍋

もつ食べたければ、タイの有名店もつ鍋の王春盛へ

タイ人に教えてもらったもつ鍋の有名店「王春盛」。 それは、僕たちが応援するサッカーチームのホームグラウンドの目の前にありました。 タールアのチケット売り場

平日のお昼に行くと、お店は、タイ人でいっぱい。 ローカル度100%、地元で愛されるこれぞ名店という感じ。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

王春盛   これが名物のもつ。大鍋でぐつぐつ煮込んでます。 もつ   そして、これが名物料理のもつ鍋です。 タイ語で、ガオラオ、って言います。これで180バーツ(540円)。 2人で食べてちょうど良い感じ。 もつ鍋 中の具の一部はこんな感じ。内蔵のいろんな部位が入ってます。 具 ごはんに汁ごとぶっかけて食べるのがいいです! ごはんは、小椀で、5バーツ(15円)。 ごはん自体は、炊き方とかイマイチなんですが、 汁ぶっかけてつゆだくにすれば、おいしくなります。 ぶっけごはん となりのお兄さんは、一人で来ていて、2品頼んでいた。写真を撮らせて貰いました。 ガオラオ1人前 写真左がガオラオ1人前(鍋にははいっていない)。これで70バーツ(210円)。 写真右が具のみ(汁無し)で50バーツ(150円)。具の追加みたいなものですね。 メニューは、タイ語なので、適当に人が食べているのを指さしてオーダーしましょう! メニュー ちなみに、メニューの上から4番目の50/60/70バーツと書いてあるのは、クイッティアオという米麺入りののガオラオ(もつ煮込み)のことです。 値段の違いは、大きさの違い? それは、確認してないので定かではありません。 もつ好きには、たまらないお店です!

ターミナル21フードコート

アソーク駅のおすすめのレストラン(食堂?)ターミナル21のフードコート

ターミナル21フードコート BTS(スカイトレイン)のアソーク駅付近でご飯に食べる場所に困ったら 迷わずターミナル21の5階のフードコートに行くことをおすすめします! 一人旅の旅人は、必ず覚えておいたほうがいいフードスポットです。 (一人旅でなくても、超おすすめです。)  

おすすめする理由

1,安い! 2,うまい(屋台の名店も入っている!) 3,快適!

と3拍子そろっていること。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

1,安い

ターミナル21のような小綺麗なショッピングセンターのフードコートというのは、値段が少し高めというケースが多いのですが、ここは違います。 25バーツくらいからあります。ローカルな食堂とあまりかわらない値段設定のお店もあります。近隣のタイ人OLもいっぱい来てます。

2,うまい

タイ人に人気の名店や老舗が出店しています。 これは現地フリーペーパーにそう書いてありました。

3,快適

エアコンが効いているので快適です。 noodle 今回、僕が食べたのは、これ。 クエイジャップと呼ばれる、太い米麺。 線路の脇で家族でやっていた創業24 年の屋台の老舗の味が、 ここのフードコートで食べることができます! やや漢方風味なので、日本人では、好みがわかれますが、個人的には好きです。 フードコート内のクエイジャップ・サームトゥンというお店で買えます。

クエイジャップ・サームトゥンのお店
クエイジャップ・サームトゥンのお店

他のメニューは、こちら。 僕が頼んだのは、1番。なんと25バーツ!(約75円) メニュー フードコートの中の様子。 一人で食べている人も多いです。 これは、平日11時半ごろの写真ですが、昼休みになると多くの人で混み合います。 エアコンが効いていて、きれいなので快適です! ターミナル21のフードコート内観  

タイのフードコートをはじめて利用する方へ

1,はじめに食券カウンターに行って食券を購入(カードにチャージする方式) 希望額をチャージしてくれますが、 100バーツもあれば十分でしょうから100バーツ札を出せば、 100バーツチャージしたカードをくれます。 (残ったお金は、その日までに同じカウンターに持っていけば残額返金してくれます。) ticket 2,好きな食べ物を各お店でオーダーをして、カードを渡すと店員が代金分カードから引き落とします 3,席付近にフォークやナイフの入ったトレイがあります。 (そこにあるお湯は、フォークやナイフを使う前に洗うためのものです) 4,席を適当に選んで、召し上がって下さい。 5,食べたものは、そのままにしておいて構わないです。(係の人が片付けにきます) 6,食券に残ったお金を食券カウンターに行って払い戻しします。  

気になったもの

ご飯を食べた後、デザートコーナーが気になりはじめます。 人気は、やはりフルーツシェイクでしょう。 これは、好きなカップを選んでそれを店員さんに渡せば、それをフルーツシェイクにしてくれます。 shake メニュー表を見て番号でオーダーしてもOK! shakemenu   マンゴーがたくさん並んでいるスイーツ屋も気になるところ。 カオニャオ・マムアンというココナッツミルク味の餅米の上にマンゴーをのせたデザートもありますよ!(僕は個人的に大好物) mango  

場所

ターミナル21は、スカイトレイン(BTS)のアソーク駅に直結しています。

写真左側がアソーク駅、右側がターミナル21
写真左側がアソーク駅、右側がターミナル21

ターミナル21に入って、5階に行って、 ゴールデンゲートブリッジを目指して下さい! bridge ゴールデンゲートブリッジ付近には、待ち合わせスペース(座れる!)もあるので、 知り合いと待ち合わせの時は、ここで待ち合わせするがいいと思います! longchiar      

カオソイ(チキン)

バンコクでピカイチのうまさのカオソイ

カオソイ(チキン)
カオソイ(チキン)

カオソイの美味しいお店をご紹介します。 EZ STAY Bangkokから徒歩10分のところにある「カオソイ・チェンマイ」というお店です。 カオソイというのは、チェンマイ名物で、ココナッツミルクベースにカレーの入ったスープが特徴の麺です。 麺はやや平べっいチヂれ麺です。 チェンマイに行くと、カオソイ屋さんは、いっぱいあって、 チェンマイに住んでいるタイ人に聞くと、現地の人は1日1回はカオソイを食べる、っていっていたくらい。 地元の人に断トツに指示されている麺なんです。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

カオソイチェンマイの外観
カオソイチェンマイの外観

お店は、タイ港湾局近くの超ローカルエリアの大通りに面したところにあります。

カオソイチェンマイの内観
店内の様子

お昼休み時にいくと、地元の人たちで賑わっています。 店内は、ローカル色プンプンで、旅行者なんてまったくおりません。 わた カオソイチェンマイのメニュー メニューは、店内のホワイトボードに書いています。 タイ人は、あまりカオソイを食べている人はいませんが、気にせず、「カオソイ」と頼みましょう。 カオソイオーダーすると、「チキン or ポーク」って飛行機の機内食のようなことをきかれるので、そこは、自分の好きな方を選んでください。 メニューには、「ビーフ」というのもありますが、この国では、牛肉は期待はずれが多いので、一度も食べたことがありません。 一番上の写真がチキンです。 骨付きチキンなので、食べにくい。だから僕は豚を頼むことが多いです。 妻は、必ずチキンです。 写真は、どちらも普通サイズ。 大盛りもできます。大盛りといっても少し大きくなるだけなので、食べる人は大盛りの方がいいでしょう。10バーツ(30円  )しか変わりませんか)。

カオソイ(ポーク)
カオソイ(ポーク)

カオソイについてくるもの マナオ(ライムみたいなもの)とタマネギとピクルス?がでてきます。 マナオは、スープに絞ってください(別に必ず絞る必要はありませんが)。 タマネギ、ピクルスは、好みでスープの中にいれてもいいですが、僕は入れずにそのまま食べます。 無料水 あと、僕たちは、氷も頼みます。 ホワイトボードに書いてあるように、1人分で2バーツ(6円)です。 それに、机の上にある水を入れて飲みます。 この水は、市販の水ではありませんが、たぶん浄水している水だと思うので、僕たちは気にせず飲んでいます。   10バーツの水 気になる人は、テーブル横に市販の水がありますから、これを飲むといいでしょう。10バーツ(30円)です。 日曜日は定休日です。

プーパッポンカレー

日本から友達が来たら必ず行くお店 珍平酒楼

 

●プーパッポンカレーとガイヤーンの美味しいお店「珍平酒楼」

日本から友達がバンコクに遊びに来る時にいつもいくお店を紹介します。

MRT(地下鉄)ルンピニ公園駅から徒歩5分のところ、ラマ4世通り沿いにある「珍平酒店」です。

ここは、たしか創業60年以上たっているほどの老舗。

タイの王妃様のお誕生日には毎年お料理を献上する名店だそうです。
Continue reading

ISSAYAのランチ

タイ・バンコクの鉄人シェフのお店ISSAYA

IMG_6437 以前「料理の鉄人」って番組がありました。 タイにも同じ番組のタイバージョンというのがありまして(自分は見たことありませんが)、そこには鉄人シェフなる料理人が登場します。 そのタイ料理の鉄人がイアン・キティチャイ氏。 イアン氏のレストランが今日紹介するISSAYAです。 料理は、タイ宮廷料理に氏の創作を加えた創作タイ料理です。   場所は、ルンピニスタジアムのあたり(地下鉄ルンピニ公園駅からラマ4世通りを少し東方面にいったあたり)から、タクシー(または、バイクタクシー)にて南(チャオプラヤー川沿い)の方にいったところにあります。 バンコク在住日本人がほとんど縁のない場所です。 (はっきり言って、夜とか歩いて大丈夫?って思えるところですが、普通はタクシーで行きますね)

[ad#ez_bangkok-post_inside]

IMG_6435   一軒家レストランです。エントランスもいい感じです。 IMG_6436 IMG_6438   夜は、高そうなので、ランチのセットメニュー狙いで来ました。 一人THB1500 ++ ということは、サービス料10%を加算して、その合計に消費税7%が追加されるので、1765.5バーツ(1バーツ=3円計算で、5300円)となります。 二人で3531バーツ(¹万600円)は結構なお値段。 実際は、これにグラスワインの赤をそれぞれ1杯ずつ(1杯199バーツ×2)に 水1本30バーツが加わったので、全部で4035バーツ(約12000円)かかりました。 IMG_6440   一軒家レストランだけあって、雰囲気はなかなかいいです。 IMG_6442 はじめに前菜3種。 IMG_6443   次にトマトにハムを載せたサラダ。 IMG_6446   こんな個性的なタイ料理もあるんだな、と感心。 IMG_6447   子豚を炭火で焼いたものもはミニ七厘つきで IMG_6448   メインディシュのチキン IMG_6450   とれたてエビの胡椒・バジル和えといったところでしょうか。 IMG_6451   CNN記者が選んだ世界の料理の1位になったことで有名になった「マッサマンカレー」 IMG_6452   シメは、石焼きビビンパの要素を取り入れたチャーハン IMG_6454   最後にデザート。パンナコッタとアイスクリーム。 IMG_6456 いわゆる高級レストランですが、ランチとはいえこんなラフな格好で行ってしまいました。 (「なんでインカコーラのTシャツやねん」というツッコミはしないように) 私(夫)は、一応ポロシャツにジーンズだったかな。 しかも、線路づたいに歩いて帰ってくるし・・・ (線路づたいは若干スラムエリアなので、あんまり歩かないほうがいいかも) IMG_6457 実は、これ2013年3月下旬情報ですので、参考までに。  

飲み比べ缶編

タイビール飲み比べ 缶ビール編

飲み比べ缶編

前回のビンビール編に続いて、缶ビール飲み比べです。

 

缶ビールの銘柄は、ビンと同じです。下記は、値段の高い順です。

1,ハイネケン 2,シンハー 3,チャン エクスポート 4,LEO 5,チャン

飲み比べの様子です。
飲み比べの様子

 

そして、各人の結果は、下記のとおり。
ビール飲み比べ缶編

チャンエクスポートとハイネケンは飲む人が少ないせいか正解率が低いです。

 

さて、人気順位の方は・・・

●タイのビール飲み比べランキング(缶編)

1位 LEO,   シンハー

3位 チャン エクスポート,   ハイネケン

n05 チャン

なんと、LEOがビン編に続き1位。2冠達成です。

しかし、同ポイントでシンハーも1位。

 

3位も同じポイント数で、ハイネケンとチャンクラシック。

 

5位は、ビン編に続き、チャンがワーストとなりました。

 

シンハービール、ビン編では3位だったのが、缶編では1位。

この理由について解説しましょう。

 

元々は、ビンのシンハービールがシンハービールのオリジナルの味です。

ビンのシンハービールは、氷を入れて美味しいように作られています

(と下川裕治氏の本に書いてありました)

だから、ビンの方は、氷を入れて飲み比べるともしかしたら味の順位は変わったかもしれません。

 

で、缶のシンハーはというと、氷をいれずそのまま飲むことを前提に作られていると考えて間違いないと思います。

ビンのシンハーと缶のシンハーの味を飲み比べれば、缶の方が薄いことに誰もが気づくくらいその差ははっきりとしています。

 

 

そんなゴタクは、まあどうでもいいとして、

バンコクに来てビールを語るのであれば、今回の2冠であるLEO、世界的に有名なシンハー、そして、今回ワーストだったチャンあたりは試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、タイ在住が長い人はなぜかハイネケン比率が高いです。

 

ちなみに管理人夫婦がいつも飲んでいるのは、ビンのシンハーでもちろん氷入りです。

タイのビール

タイのビール飲み比べ (ビンビール編)

タイのビール飲み比べ (ビンビール編)

タイのビール

タイのビールの飲み比べをEZ STAY Bangkokのゲストの方としました!

銘柄は、シンハー、LEO、チャン、チャンエクスポート、ハイネケンの5種類。

ハイネケンは、タイビールではありませんが、タイでは高級ビールとしてかなり一般的なのでラインナップに加えました。

 

こちらのビール、値段の高い順番は、下のとおりです。

1,ハイネケン
(タイ人の誰もが認める高級ビール)

2,シンハー
(歴史もあり世界的にも有名。香川のいるマンUのスポンサーでもある。)

3,チャンエクスポート
(輸出用チャンビールだけどチャンとは味が全然違う)

3,LEO
(タイ人に人気の庶民派ビール。シンハーと会社は同じ)

4,チャン
(一番安い。チャンの味が好きというファンもいる。アルコール度数が若干高い)

 

飲み比べの方法は、

コップにA〜Eまでのラベルを貼り、銘柄がわからない状態で飲んでもらい

一番好きなものから順番につけていくという方式。

銘柄分かる人は、銘柄も書いてもらいました。

タイビール飲み比べ

 

結果は、こちらの通り。
ビール飲み比べ表1
(黄色字の部分が、正解)

毎日ビールをたくさん飲む(もちろん全銘柄飲んでいる)Fさんは、

全問正解の自信ありとおっしゃっていたが、不覚にも全はずしでした。

 

タイに来て2日目のMさんは、なんと3銘柄を当てましたが、

若干ビギナーズラックの感あり(失礼なこといってごめんなさい)

 

ちなみに、タイ在住2年以上の私はというと毎日飲んでいるシンハーは当てたものの

他は、はずしました。

いいわけをすると、LEOとチャンエクスポートの二つはどちらも飲みやすいという点で区別がつきにくい。

そして、一番高いハイネケンと一番安いチャンは、飲みにくい(どちらもクセがある)という点で判別が難しかった・・・というのがはずした言い訳なんですけどね。

 

で、結局のところ、トータルで一番人気のビールは、LEOという結果になりました。

結果はこちら。

●タイのビール飲み比べランキング(ビン編)

1位 LEO

no2 チャン エクスポート

3位 シンハー

no4ハイネケン

n05 チャン

LEOが一番というのは、納得といえば納得。
以前、シンハーとLEOをブラインドテイスティングしたところ
自分も含め85%のゲストがLEOが好きだと答えていました。

 

次回は、   缶ビールをレポートします。

6月4日のクロントーイ市場のランブータン20バーツもの

クローントーイ市場のタイの南国フルーツの値段 観察メモ 6月4日

6月4日のクロントーイ市場のマンゴー

 
(※2013年6月4日時点のレート 1バーツ3.3円)

久し振りにクロントーイ市場ウォッチしてきました。 マンゴーのトップシーズンの5月には、1キロ20バーツのマンゴーがたくさんでてききたようですが(妻情報)、6月は、すでにトップシーズンの終焉を感じさせるマンゴーコーナーでした。 いいものだと、キロ60バーツ、70バーツというのも出てきてました。 Continue reading

クロントーイのマンゴー

タイの果物、いつ、何が旬なのか知りたいためのメモ(3/31)

クロントーイ市場の果物の値段(3月31日メモ)です。 今回、はじめて見たのがこのビワのような形のあんず。

あんず

一袋(多分1キロ)120バーツ(360円)。ちょっと高い。 めずらしいので買って食べたが、けっこうイケます。   そして、旬のマンゴーは、

[ad#ez_bangkok-post_inside] クロントーイのマンゴー もちろん1  キロ40バーツ(120円)のものもあったが、まだ値段は下がりきっていないように思う。 キロ60バーツ(180円)のものを3つ買ったところ85バーツ(255円)でした! あと、一時期市場から見なくなったマンゴスチンとランブータンがが復活してました。 マンゴスチン ランブータン マンゴスチン(写真上)もランブータン(写真下)もともに高いです。 ランブータンは、大好物ですが、キロ40バーツ(120円)以下にならないと手が出ません その他ロンゴーンという外見じゃがいももありました。 パパイヤ、パイナップル、すいか、などは年中あるので特には書きません。 ソンクラン(水掛祭り)が終わる4月中旬以降からいろんな果物が出てくるのではないかとにらんでおります。  

カオマンガイ(鶏ごはん)オススメのお店

 タイで一番好きな食べ物は、カオマンガイ(鶏ごはん)

私(管理人夫)がタイで何が一番好きかと言われれば、迷わずカオマンガイと答えます。

カオマンガイパソム卵入り
カオマンガイパソム卵入り

  カオマンガイ(鶏ごはん)、別名、シンガポールチキンライスといったり、ハイナンチキンライスといったりする蒸した鶏を鶏ガラスープで炊いたご飯の上に載せた料理です。   このカオマンガイ、意外とアタリハズレがあるんです。   EZ STAY Bangkokの近くにあるアタリのお店紹介します。   場所は、Big Cというスーパーマーケットの1階奥のフードコートにあります。 そのフードコートに行って食べるだけのことですが、注意ポイントをいくつかあげます。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

 注意ポイント

1,まず、フードコートにいったら、中央にあるレジカウンターに行って 100バーツ払いカードを受け取ります。

お金を支払うカウンター。残金払い戻しもこちら
お金を支払うカウンター。残金払い戻しもこちら
こちらがカードです
こちらがカードです

  2,向かって一番左のカウンターがカオマンガイ屋なのです。

カオマンガイ屋お店
カオマンガイ屋お店

  そこで「カオマンガイ」と言って頼みましょう。 そして、店員にカードをキーを渡しますとチャージされた100バーツからお代分を引き落とされます。   3,カオマンガイよりも個人的に好きなのは、鶏の揚げたものと蒸し鶏と半分半分で載せたものです。 これは、「パソム」といいます。

カオマンガイとパソム
カオマンガイとパソム

  4,小皿にタレを入れます。一番左の黒茶色のタレを入れます。 これは少し辛いです。その以外のタレはおそらく必要ないでしょう。 (辛いの苦手な人もご安心を。タレがなくても十分おいしいです)

カオマンガイのタレ
カオマンガイのタレ

  5,あとは、タレをつけながら召し上がって下さい。 (辛いの苦手な人はそのままどうぞ)   6,食べ終わったら食器はそのままで(片付け専用スタッフがいます)   7,チャージされたカードを最初にカードを買ったカウンターに戻すと残金が戻ってきます。   料金は、 ●カオマンガイ:蒸し鶏ののったチキンライス 35バーツ ●カオマンガイトート:揚げた鶏ののったチキンライス 40バーツ ●パソム:蒸し鶏と揚げた鶏、両方のったチキンライス 45バーツ  

書いてあるメニュー翻訳してみました
書いてあるメニュー翻訳してみました

  70〜80バーツのメニューは、 チキンライスなしの肉ばかりってやつです。 飲み会のつまみとしていいかもです。     ショッピングセンターのフードコートなので、 夜19時くらいには閉まってしまいますのでご注意を