カテゴリー別アーカイブ: 食べ物

マンゴー

マンゴーのむき方 (我が家流)

バンコク在住者がいつもやっている【マンゴーのむき方】(我が家流)

マンゴー マンゴーのむき方をネットで調べると 食べる時の見た目が美しいむき方が紹介されていることが多いですが、 私たちは、バンコクで毎朝のようにマンゴーを食べているので、 見た目なんて、気にしません。 サクッとカットして、フォークでざくざく食べることができる、 我が家で毎朝のようにやっているやり方を紹介します。

 

マンゴーのむき方

1: はじめに、皮をむきます。この動画では、皮を全部むいていますが、片方づつ向いて、片側づつカットする方法もあります。 全部皮をむいてしまうとぬるぬるすべるという方は、片方づつ向く方をおすすめします。

  2: 切れ目を入れた後、平たいマンゴーの種にそって水平に切り、そのまま、お皿にいれます。 種のふちの部分も切り落とします。

  3: 冷凍庫に30分入れて冷やします。 個人的には、凍りかけ(凍ってもそれはそれでおいしい)のマンゴーが好きです。 マンゴーの種は、誰かがしゃぶりながら食べます(他人の前やるとちと恥ずかしいので、家の中限定)。 バンコクでは、マンゴーが一年中売っています。(旬でないときは、少し高いです) イージーステイバンコクから歩いていけるクロントーイ市場に行けば、 安くマンゴーが買えます!

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツの食べ方(切り方・むき方)

ドラゴンフルーツの食べ方(切り方・むき方)

ドラゴンフルーツ 私たち家族がタイに来て好きになったフルーツの筆頭は、こちら、ドラゴンフルーツ。 とても淡泊な味で、タイに来るまでは、 「こんな味のないものをお金を出して買う人の気がしれない」 とまで思っていたくらいです。   しかし、今となっては、毎朝食べるほどの大好物となってしまいました。 普通、最初は、ドラゴンフルーツの甘みを感じることができないのが、何回か食べて慣れてくると、その甘みを感じることができるようになり、ドラゴンフルーツがおいしく思えるようになる。   ※マナオ(タイによくあるライムみたいなやつ)を入れると甘みが倍増しておいしくなるという、facebooでコメントいただきました! ありがとうございました!   これは、私の根拠のない仮説ですが、おおむね当たっているのではないでしょうか? 今回は、その食べ方(切り方・むき方)を紹介します。  

ドラゴンフルーツの切り方

まず、市場での選び方ですが、 つやがあってイキイキとしているものを選んで下さい。   切り方ですが、 まずは、4つに切ります。 ドラゴンフルーツの食べ方1   皮と身の間に包丁(ナイフ)をいれます。 ドラゴンフルーツの食べ方2   次にスイカを切る時のように下の写真のように、一口サイズで食べられるようカットします。 ドラゴンフルーツの食べ方3   あとは、フォークで、食べるだけです。   マンゴーのような強烈な印象は、ありませんが、 さわやかでほのかな甘みと種のつぶつぶの食感がやみつきになる果物です。 ちなみに、これは、我が家でのやり方なので、 これが、正しい食べ方というものではありません。 半分に切ってスプーンでくりぬいて食べる方法もありますが、そのあたりはお好みで。

行きつけのスポーツバー

行きつけのスポーツバー in バンコク

行きつけのスポーツバー

私たち管理人が行きつけのスポーツバー(アイリッシュパブ)を紹介します。 ご飯を食べた後の2次会や、昼間からちょっといっぱいひっかけたい時、夜の待ち合わせまで少し時間がある時などに利用しています。

ロビンフッド

行きつけのスポーツバー お店の名前は、ロビンフッド プロンポンの駅5番出口を降りて、ちょっと歩いたところの角にあります。 (フジスーパー1号店に入って行く角です) いかにも欧米人が好きそうなお店で、実際中入ると、 やはり欧米人ばかりで、タイにいることを忘れます。

 

私たちがここを選ぶ理由

私たちがここを選ぶ理由は、なんといってもリーズナブル。 ハッピーアワーならシンハーの小瓶で79バーツ。 Carlsbergの生ビールなら、いつでも99バーツ。 beer あと、お店の雰囲気が好きです。 一人でも入りやすくて、仕事中ノートパソコン持ち込んで、よく仕事しています。 (さすがに、仕事中は、ビールは飲みませんが・・・、でもたまに飲む時もあります) あと、もうひとつ理由があるのですが、あまり知られたくないので、ここでは書きません。 行きたい方、直接管理人に聞いてください。  

何をオーダーするの?

夜行くと、日本人の家族連れなどが来て食事をしているのを見かけたことがありますが、 私たちにとってこのお店は、軽くビールを飲みにいくところで、 つまみをたのんだとしても、フライドポテト(たしか、120バーツくらい)を頼むくらいです。 私一人で行くときは、ビールしか頼みません。  

プレミアムリーグを見に行くのもいい

プレミアムリーグは、土曜日の19時ごろライブでやっていることが多いです。 この間も、ちょうどサウサンプトンのゲームをやっていて、吉田選手のプレイを見ることができました。  

このエリアは、他にもバーがある

ロビンフッドの角を曲がったところにもバーがあり、 今度気が向いたら行ってみようと思っています。 The ROYAL OAK ウッドボールという日本人経営のバーもあります。 私は行ったことないのですが、ここの経営者のトッピーさんという方は、 バンコク在住日本人の間では知られていて、一度お会いしてみたいです。 woodball アメリカだったら、このてのバー(アイリッシュパブ)では、怖じ気づいて、とてもひとりで入る気がしないのですが、 微笑みの国タイなら、なんの抵抗もなく入店できてしまう、そんなタイのバー(アイリッシュパブ)はいかがでしょうか?

The Robin Hood

営業時間:朝9:00~深夜0:00 無休 Googleマップへを開く http://maps.google.co.jp/maps?q=13.731704, 100.568140 公式サイト: http://www.robinhoodbangkok.com/

klongtoey500

クロントゥーイ市場と街のスーパーとフルーツの値段比較

マンゴスチンがそろそろ市場に出始め、いよいよ南国フルーツの季節がやってきました。 マンゴー、マンゴスチン、ランブータン、ライチといった南国フルーツ四天王(勝手に命名)がそろうのが、タイでは、5月、6月くらいではないでしょうか?(注意!勝手な思い込みかもしれません) その中でもぜひ食べてほしいのが、マンゴスチン。 日本では、ほとんど見ることのない果物です。 なぜなら、大きい割に、中味は少なく、しかもアタリハズレが大きいからです。 違う表現をすれば、輸送費かかる上にリスクが大きい果物なので、原産国じゃないとなかなか食べることができないってことです。 そのマンゴスチンの値段(5月中旬)を比較してみました。 まずは、ビラマーケットで撮った写真。 villa_market_500

ここに出ている値段は、1キロあたりの値段です。 マンゴスチン1キロだと、親子3人で1回で食べ尽くしてしまう量です。 1キロあたり159バーツ。今のレートが1バーツ3.5円くらいなので、 557円(1キロ)となります。 今は、マンゴスチンが出たばかりなので、高めですが、これからどんどん安くなっていきます。 となりのランブータンが1キロ89バーツなので312円 次にクロントゥーイ市場は klongtoey500 マンゴスチンが1キロ60バーツ(210円) ランブータンが1キロ35バーツ(123円) イージーステイに宿泊したら、ぜひクロントゥーイ市場に行って見てください。 管理人(妻)の行きつけの、「このおばちゃんのお店なら間違いない!」というフルーツショップを教えます!

おばちゃんヨコ

タイおばちゃんのタイ料理

タイ料理おかず EZ STAY Bangkokから徒歩3分のところにおばちゃんのタイ料理のお店があります。 言葉が通じないのですが、 ガラスケースに入っているのを指さすだけでいいので、 オーダーは、とても簡単。

おばちゃん 写真慣れしていないのか、ちょっと笑顔が硬いですが、 いつももっと優しい微笑みの表情のおばちゃんです。 さて、先日僕ら二人が頼んだのは、 コームートート(豚ののど肉の唐揚げ) 30バーツ 野菜いため 20バーツ トムカーガイ (ココナッツミルク味のトムヤムクンで、エビの代わりにチキンがはいっているスープ) 30バーツ ごはん 10バーツ でした。 コームートート02 コームートート トムカーガイ トムカーガイ。タイ料理の中でも有名な部類。 毎日メニューが変わるので、何がいくらとは書きにくいのですが、 だいたい、肉や魚系が一皿30バーツ。 野菜系が一皿20バーツ。 ごはんが10バーツ。 です。 場所は、コームーヤーンのお店からクロントーイ市場のほうに5軒となりくらいにあります。 おばちゃんの顔を覚えておけばすぐにわかると思います。 外観 店内 ローカル度90%。 ロンポー内にあるアクロストラベルの日本人スタッフ御用達のお店で 僕らもたまにいくお店です。 料理に派手さはありませんが、おいしいです。 お試しあれ。 NHK 「テレビで中国語」のコラムでも取り上げられていました! http://www.chatabi.net/colum/2062.html  

おかゆ

EZ STAYから歩いていける朝ご飯屋台通り

おかゆ EZ STAYの朝ご飯といえば、コームーヤーンがダントツの人気ですが、 毎日コームーヤーンというのもな〜、という方のために朝ご飯通りを紹介します。 場所は、ラマ4世通りをの信号を渡って、左折。 マグドナルドの横のガソリンスタンドのエッソとBMWのショールームの間の通りです。

エッソ 通り 月曜日が定休で朝8時30分ごろには、売り切れ店があいつぐので、 少し早起きして行きましょう! 僕たちがよく買うのは

●つくね入りおかゆ 卵入りで30バーツ(トップ写真)

●パトンコー 揚げパン 20バーツ

(20バーツ分くださいとオーダーする。20バーツ札を見せるだけでも通じるはず)

●豆乳 値段忘れました

●臓物スープ 50バーツ

スープ 量は、このお椀3杯分あります。 タイ人はこれとご飯で食べています。 入っている具 臓物といっても胃、レバーなど  

●肉ご飯 まだ食べたことがないがおいしそう

その他、スープ屋や串焼き屋などがでています。 ぜひお試しあれ。 朝ごはん場所の地図  

Yamazakiのシュークリーム

バンコクのシュークリームのおすすめ2つ

Yamazakiのシュークリーム 管理人家族は、親子3人シュークリームが大好物です。 旅行者にとって必要度が高いかどうかは別として、 旅の道中、シュークリームが食べたくなってしまった旅人のために、 シュークリームのおすすめをご紹介します。

●山崎パンのシュークリーム

トップ画像のシュークリームがまさに山崎パンのシュークリームです。 お店には、Yamazakiの看板はなく、こちら↓の「SAINT ETOILE」の名前のパン屋さんで販売しています。

山崎_SaintEtole

日本のコンビニにおいてあるジャンボ シュークリームより一回り大きく 個人的にはキング オブ シュークリーム IN BANGKOKです。 お値段は・・・ 1個30バーツ(108円 ※1バーツ=3.6円 2014年12月レート)です。   場所は、EZ STAYから徒歩でいけるK-ビレッジ(ビッグCの向こうにあるモール)のビラマーケット内にあります。 他に、スクムビット49のサミティベート病院内にもあります。

 

●カスタード中村

カスタード中村

もう一つのおいしいシュークリームは、カスタード中村のシュークリーム。 さきほどの山パン(SAINT ETOILEのことです)のシュークリームがキングだと申し上げましたが、 おいしさで言うとカスタード中村と甲乙つけがたい、 もしかしたら、カスタード中村の方が上かもしれないです。

山パンのシュークリームは、いわゆるスタンダードなシュークリームですが、 カスタード中村は、写真でもわかるとおりシューの上部がメロンパンのようになっています。 店名を見てわかるとおり、カスタードにこだわりがあるシュークリームなので シュークリーム好きは、ぜひ試してみるべき一品です。 お値段は、1個25バーツ(90円 ※1バーツ=3.6円 2014年12月)です。 ちなみに、カスタード中村は、ケーキもおいしいです。 山パンのシュークリームより一回り小さいので、個人的に山パン推しですが、 どちらも、お店の近くを通ると、つい買ってしまう衝動にかられてしまいます。 シュークリーム好きは、ぜひタイのシュークリームも試してください。  

ビアガーデン

乾期は、バンコクのビアガーデンもいいよ。

ビアガーデン 乾期の11月頃〜タイではビアガーデンのシーズンが始まります。 日本では、暑い季節こそがビアガーデンですが、 タイでは、乾期に入ったばかりの涼しい季節がビアガーデンのシーズンです。 BTSチットロムの近く、伊勢丹〜セントラルワールドの前に、 シンハー、チャン、ハイネケンのビアガーデンが出現します。 ワイワイした雰囲気はいいものです。 気分も高揚するので、この雰囲気を味わうだけも価値あると思います。 個人的にはおすすめです。

 

●個人的なアドバイス

1,できれば3,4人もしくはそれ以上の人数で行く方が盛り上がると思います。 2,料理は、やや高めなので注意。 (少し、お腹を膨らましてから行く方がいいかもしれません。ここでガッツリ食べるとそこそこ金額がいくと思います。料理は普通です) 3,ある程度人数がいるのであればタワージョッキがいいかな(なんとなく雰囲気的に) 僕たちは2人だったのでピッチャーにしました。 詳細は、こちらのバンコクナビさんでも紹介しているので、ご参考までhttp://www.bangkoknavi.com/special/5035234 バンコクのビアガーデン ステージではライブもやっています。 5歳の息子は、ライブよりもスクリーンに映っているサッカーの試合に夢中でした。 大晦日は、この付近異常に混み合ってよく友人とはぐれるのでご注意くださいね。  

ラマ4のおすすめレストランの料理

ラマ4世通りのローカル度の高いタイ料理屋さん

ラマ4のおすすめレストランの料理 バンコクのラマ4通り沿いのタイ料理のお店に入ってきました。 (今回、初めて行きました) 屋台よりは若干高いですが、 冷房の効いた中でリーズナブルにご飯を食べるにはいいところです。 夜の10時までやっています。 一人でも入りやすい雰囲気もポイントです。 ローカル度髙いですが、英語メニューもあるのがいいです。

●僕たちが食べた料理を紹介します。

ラープ・ムー

rapu ラープというのは、イサーン(タイの東北地方)地方の名物料理です。 お値段:80バーツ(288円※2014年12月レート 1バーツ3.6円) ムーというのは、豚肉のことで、ラープ・ガイというと鶏肉のラープになります。 辛いのと香草が大丈夫の人は、ぜひ食べて欲しい料理です。僕の大好物です。 このラープを頼んだときに、 マストで頼まなければいけない(僕の主観です)のがカオニャオ。 英語名でスティッキーライスと言います。 もち米のことっす。

カオニャオ

カオニャオ

カオニャオは、ゴルフボールの半分くらいの大きさのボールをイメージしながら、 親指、人差し指、薬指の3本の指で球状にして手で食べます。 ラープの汁にチョンチョンとつけて食べてもイケます! お値段:10バーツ(36円)  

ソムタム・タイ

ソムタム・タイ イサーンの代表的な料理、「青パパイヤのサラダ」です。 ソムタムにもいろんな種類があって、 いわゆるノーマルなのが「ソムタム・タイ」です。 お値段:50バーツ(約180円)  

フィッシュカレー

フィッシュカレー 正直なところ、あまりこのカレーはおすすめしません。 あくまでも個人的な感想ですが、少し脂っこくて胃にもたれる感じです。 お値段:120バーツ(432円) これに白いご飯10バーツ(36円)もあわせてたのみました。

 その他注意事項

席に着くと、氷の入ったコップとペットボトルに入った市販の水が出てきます。 いらなければ、いらないとすぐに言わないと料金に含まれてしまいますが、 僕たちは、そのままその水を頂戴しました。(こういうお店に来るときは、僕らはいつも氷と水はオーダーするので) お値段:水10バーツ(36円)、氷1カップ2バーツ(7.2円)   僕ら二人でトータル284バーツ(1022円)かかりました。 仕事がなければ、昼からビール飲みたかったな〜

お店の場所

[mw-google-maps] ビッグCの更に先でエッソビル(3チャンネルビル)の手前(ちょっとルンピニ公園寄り)。

お店の外観

外観

お店の名前

看板 看板をみると、「カオマイプラーマン」と書いてある。 「新しいお米、魚、油」???な名前、 というか、翻訳が正しくないと思う。誰か正しく翻訳してください。

●個人的な感想

僕個人的には、ラープとカオニャオがおいしかったので、それですべてOK! 大好物のラープが昼間から食べられるところは、知っているが、 エアコンの効いた店内で食べられるところは、近場で知らない。 EZ STAYから徒歩10分くらいなので、 また、ラープとカオニャオ食べに来たい。 次回は、コームーヤーンも試してみたいところ。 昼〜夜10時まで開いてます!                  

ナムトックムー

これまで食べなかったことが心底悔やまれるタイ料理

ナムトックムー

実は、これ昨日食べた昼ごはんです。 タイ在住3年半。これまで出会ったタイ料理で、個人的No.1にしたい食べ物です。 ナムトックムーと言います。日本語に訳すると豚肉の滝?滝って感じじゃないけど、翻訳間違ってる? まあ、それはともかくとして、ナムトックムーは、どういうものかというと、 ラープ(挽肉のあえもの)の挽肉が豚ののど肉(コームーヤーン)に替わったものです。 ラープは、タイのイサーン地方やラオスでメジャーな料理です。 僕は、もともと、ラープもコームーヤーンも大好物で、 その二つの組み合わせは、まさに最強のタッグなのです。

ナムトックムー   EZ STAYに宿泊したことのあるお客様は、コームーヤーンと聞いて、あれっ?思ったかもしれませんね。 はい、お察しの通り、当ゲストハウスでダントツ人気No.1食べ物コームーヤーン、 あのおばさんのお店でこの料理も食べることができます。 値段は、35バーツ(約105円)。コームーヤーンより5バーツ高いです。 これにカオニャオ(もち米)5バーツ(15円)をつけることも忘れずに。   ただし、この料理、最初から唐辛子が入っているので、少し辛いです(劇辛ではない)。 また、パクチーファラン(オオバコエンドロ。直訳で西洋のパクチー。タイパセリの異名あり。パクチーと同じ香りのするニラのようなネギのような野菜)が入っているのでパクチーが苦手な人は要注意ですね。 ナムトックムーって言えば通じると思いますが、「ムー」を発音する時にひょっとこのように唇を突き出すようにして発音するとより通じやすいです。