のすべての投稿

マンダレー見どころ4選

マンダレーの見どころといえば、マンダレーヒルだが、その他にも見どころがある。   マンダレーの見どころといえば、マンダレーヒルだが、その他にも見どころがある。

1, 木造寺院

マンダレーの木造寺院 木彫りの彫刻で装飾された寺院で世界遺産に暫定登録されている。ほとんどが、その当時からのものだと思うが、それが長い年月を経て今に残っていて、その中に入れるので間近で見ることができる。世界遺産に本登録されたら、保護のため、中に入れないもしくは、入れるエリアが制限されるのではないだろうか。普通にレリーフに触ることもできる(触らないように!)ので、これからの保存についてこちらが不安になるほど

マンダレーの木造寺院  

2, アマンナプトラ

03woodbridge 木造の橋で、かなり長い。 その先に寺院があるらしく、お坊さんが歩く姿が、とても絵になる。夕暮れは、ロマンティックな雰囲気で、カップルならば必ず行くべし。ただし、帰りのバスが早めになくなるので、夕日が沈んだらすみやかに帰った方が良い。 私たちは、バスがなかったので、バイタクで宿まで帰った。  

3, ミングウォン

04ming 大きな岩の寺院。子供がいなければ、岩の上まで登っていきたいところだったが、それでも満足だった。白一色の寺院もなにげに良かった。マンダレーから1日1往復する船に乗っていく。イラワジ川の小トリップが味わえる。「TAXI」と書かれた牛車いてほほえましい。 05taxi

4, マンダレーヒル

06hill 僕は、ここに2回行った。1回目は、ソンテウを乗りついで、2回目はタクシーをチャーターしてだ。 ソンテウを乗り継いで行く場合、サンセットを見た後の帰りのソンテウがあるかどうか微妙。日中行くことをすすめる。 マンダレーヒルからの眺めは、個人的には好きだ。昔は、もっと緑が多くて、素敵な場所だったにちがいない。 サガインやインワには行ってないので、次来る機会があったら行ってみたい。

マンダレー

【ミャンマー旅行メモ 1】マンダレー空港と市内を結ぶエアアジアのフリーシャトル

【ミャンマー旅行メモ 1】 マンダレー空港と市内を結ぶエアアジアのフリーシャトル

マンダレー ミャンマー旅行は、今回2度目。1度目は、2014年5月。(その時のメモは、こちら参照)。今回は、母と2人旅。これからミャンマーを旅する旅人のための参考になればと思いメモりました。  

マンダレーから入国した理由

今回の旅の行程は、マンダレー→バガン→ヤンゴンというルート。 マンダレーから入国した理由は、マンダレー空港からマンダレー市内までエアアジアがフリーシャトルバスを運行しているから。 フリーシャトルバスは、マンダレー市内からマンダレー空港までの運行も行っている。このバス、かなり早めに空港に到着するため、マンダレー空港でかなり待たされる。 マンダレー空港というのは、建物自体は、新しいのだが売店やレストランが少なく、世界屈指の退屈な空港。そんなところで、待たされるのがイヤということでマンダレーインとなったわけです。 「ヤンゴンイン、ヤンゴンアウトでもええやん」というご意見もありますが、マンダレーの方がバガンに近いし、意外と見どころあるし、僕的にはマンダレーははずせないスポットなのです。

エアアジアのフリーシャトルバス

エアアジアのフリーシャトルバスは、とても便利。タクシーなら12,000チャット(1200円)かかるところを無料で行ってくれる。 これがあるから、バンコク→マンダレーのエアラインはエアアジア以外には考えられない。泊まるホテルもエアアジアのフリーシャトルバスの到着地から近いところを選んだ。  

このフリーシャトルバスの注意点を2つあげます。

1,空港の到着ロビーで何のサインもなく、係員もいない。 到着ロビーに着いて、案内も係員もいないので、不安になる。タクシーの呼び込みが激しく、不安になってついついタクシーに乗ってしまう人もいるんじゃないかな。タクシーっていっても、日本円で1200円くらいだし。不安になっても、とりあえず、建物の外に出てみよう。 エアアジアのバスなんてどこにも停まっていないのでさらに不安になるはず。よく見るとエアアジアの宣伝の乗ったカートがあって、そこにいるスタッフらしき(スタッフに見えない)がいて、彼が「エアアジア?」って聞いてくれて、遠くのボロいミニバスを指さす。 そのミニバスは、小松空港行きと書かれた、日本のおさがりバスで、エアアジアなんて一言も書かれていない。バスに乗り込むまで、本当にこれシャトルバス?、って思う。マジで。   2,車内では、エアアジアのチケットをチェックされる。 別にチケット捨てたところで、係員は、乗客名簿を持っているのでなんてことはないが、チケットを捨てずに持っていた方がスムーズである。 エアアジアのフリーシャトルバスの中  

フリーシャトルバスの乗降場所

最終的にバスは、マンダレー駅の少しお堀寄りの場所で下ろされる。 そこには、タクシードライバーが獲物を狙う狩人のように待ち構えているから、彼らと交渉すればいいと思う。(そんなにボッタクリ屋はいない。さすがミャンマー)。僕は、そこから徒歩で行けるホテルを予約しておいた。

マンダレーのエアアジアのフリーシャトル乗降場所

スワンナプーム空港で両替するならここだ!

スワンナプーム空港で両替するならここだ!

06superrich ずばり結論をいいます。 スワンナプーム空港に到着された方、両替はエアポートリンクのチケット売り場横の両替所のレートがいいです!空港の施設内でのレートと比較した表がこちら

スワンナプーム空港の両替レート比較

ちなみにこの日の市内最高レートが2955バーツ。エアポートリンク空港駅とたった8バーツしか変わりません! 市内最高両替所までの交通費が少なくとも30~50バーツかかってしまうことを考えると、エアポートリンク空港駅で両替した方がいいことは一目瞭然です。   222バーツもあれは・・・エアポートリンクでマッカサン駅まで行って、 そこからタクシーでEZ STAYまで来ることができます!(※マッカサン駅から約100バーツhttp://ezstaybangkok.com/access_suvarnabhumi/) EZ STAY Bangkokのご近所にある「焼き豚の喉肉ごはん」がセットで45バーツなので5回食べることができます。

 

00khomuyan   ちなみに、エアポートリンク空港駅には、3つ両替所があります。 日によって各両替所レートが変わりますが、 変わっても微々たるものなので、エアポートリンク駅では、どの両替所でほぼ同じレートです。

●SUPER RICH

1円= 0.2940バーツ 1万円買えると2940バーツとなります。 営業時間:9:30-20:00   朝遅く、夜早い 06superrich

 

●KTB

1円= 0.2947 バーツ 1万円買えると2947バーツとなります。 エアポートリンク空港駅ではこの日最高レートでした。(日によって違う!) 営業時間:8:00-22:00    レートが良くて、しかも夜もまあまあ遅くまでがんばっています 07ktb  

●VALUEプラス

1円 = 0.2940  バーツ      SUPER RICHと同じ0.2940でした。 営業時間:6:00-23:30 一番早くオープンし、深夜近くまであいています! 09value  

●結論

6:00〜23:30の間なら、とりあえず、エアポートリンク乗り場の両替屋にいってみる。 オープンしているお店のレートをチェックし、一番いいレートのところで両替する。 エアポートリンク乗り場は、スワンナプーム空港地下1階にあります。    

マンゴー

マンゴーのむき方 (我が家流)

バンコク在住者がいつもやっている【マンゴーのむき方】(我が家流)

マンゴー マンゴーのむき方をネットで調べると 食べる時の見た目が美しいむき方が紹介されていることが多いですが、 私たちは、バンコクで毎朝のようにマンゴーを食べているので、 見た目なんて、気にしません。 サクッとカットして、フォークでざくざく食べることができる、 我が家で毎朝のようにやっているやり方を紹介します。

 

マンゴーのむき方

1: はじめに、皮をむきます。この動画では、皮を全部むいていますが、片方づつ向いて、片側づつカットする方法もあります。 全部皮をむいてしまうとぬるぬるすべるという方は、片方づつ向く方をおすすめします。

  2: 切れ目を入れた後、平たいマンゴーの種にそって水平に切り、そのまま、お皿にいれます。 種のふちの部分も切り落とします。

  3: 冷凍庫に30分入れて冷やします。 個人的には、凍りかけ(凍ってもそれはそれでおいしい)のマンゴーが好きです。 マンゴーの種は、誰かがしゃぶりながら食べます(他人の前やるとちと恥ずかしいので、家の中限定)。 バンコクでは、マンゴーが一年中売っています。(旬でないときは、少し高いです) イージーステイバンコクから歩いていけるクロントーイ市場に行けば、 安くマンゴーが買えます!

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツの食べ方(切り方・むき方)

ドラゴンフルーツの食べ方(切り方・むき方)

ドラゴンフルーツ 私たち家族がタイに来て好きになったフルーツの筆頭は、こちら、ドラゴンフルーツ。 とても淡泊な味で、タイに来るまでは、 「こんな味のないものをお金を出して買う人の気がしれない」 とまで思っていたくらいです。   しかし、今となっては、毎朝食べるほどの大好物となってしまいました。 普通、最初は、ドラゴンフルーツの甘みを感じることができないのが、何回か食べて慣れてくると、その甘みを感じることができるようになり、ドラゴンフルーツがおいしく思えるようになる。   ※マナオ(タイによくあるライムみたいなやつ)を入れると甘みが倍増しておいしくなるという、facebooでコメントいただきました! ありがとうございました!   これは、私の根拠のない仮説ですが、おおむね当たっているのではないでしょうか? 今回は、その食べ方(切り方・むき方)を紹介します。  

ドラゴンフルーツの切り方

まず、市場での選び方ですが、 つやがあってイキイキとしているものを選んで下さい。   切り方ですが、 まずは、4つに切ります。 ドラゴンフルーツの食べ方1   皮と身の間に包丁(ナイフ)をいれます。 ドラゴンフルーツの食べ方2   次にスイカを切る時のように下の写真のように、一口サイズで食べられるようカットします。 ドラゴンフルーツの食べ方3   あとは、フォークで、食べるだけです。   マンゴーのような強烈な印象は、ありませんが、 さわやかでほのかな甘みと種のつぶつぶの食感がやみつきになる果物です。 ちなみに、これは、我が家でのやり方なので、 これが、正しい食べ方というものではありません。 半分に切ってスプーンでくりぬいて食べる方法もありますが、そのあたりはお好みで。

行きつけのスポーツバー

行きつけのスポーツバー in バンコク

行きつけのスポーツバー

私たち管理人が行きつけのスポーツバー(アイリッシュパブ)を紹介します。 ご飯を食べた後の2次会や、昼間からちょっといっぱいひっかけたい時、夜の待ち合わせまで少し時間がある時などに利用しています。

ロビンフッド

行きつけのスポーツバー お店の名前は、ロビンフッド プロンポンの駅5番出口を降りて、ちょっと歩いたところの角にあります。 (フジスーパー1号店に入って行く角です) いかにも欧米人が好きそうなお店で、実際中入ると、 やはり欧米人ばかりで、タイにいることを忘れます。

 

私たちがここを選ぶ理由

私たちがここを選ぶ理由は、なんといってもリーズナブル。 ハッピーアワーならシンハーの小瓶で79バーツ。 Carlsbergの生ビールなら、いつでも99バーツ。 beer あと、お店の雰囲気が好きです。 一人でも入りやすくて、仕事中ノートパソコン持ち込んで、よく仕事しています。 (さすがに、仕事中は、ビールは飲みませんが・・・、でもたまに飲む時もあります) あと、もうひとつ理由があるのですが、あまり知られたくないので、ここでは書きません。 行きたい方、直接管理人に聞いてください。  

何をオーダーするの?

夜行くと、日本人の家族連れなどが来て食事をしているのを見かけたことがありますが、 私たちにとってこのお店は、軽くビールを飲みにいくところで、 つまみをたのんだとしても、フライドポテト(たしか、120バーツくらい)を頼むくらいです。 私一人で行くときは、ビールしか頼みません。  

プレミアムリーグを見に行くのもいい

プレミアムリーグは、土曜日の19時ごろライブでやっていることが多いです。 この間も、ちょうどサウサンプトンのゲームをやっていて、吉田選手のプレイを見ることができました。  

このエリアは、他にもバーがある

ロビンフッドの角を曲がったところにもバーがあり、 今度気が向いたら行ってみようと思っています。 The ROYAL OAK ウッドボールという日本人経営のバーもあります。 私は行ったことないのですが、ここの経営者のトッピーさんという方は、 バンコク在住日本人の間では知られていて、一度お会いしてみたいです。 woodball アメリカだったら、このてのバー(アイリッシュパブ)では、怖じ気づいて、とてもひとりで入る気がしないのですが、 微笑みの国タイなら、なんの抵抗もなく入店できてしまう、そんなタイのバー(アイリッシュパブ)はいかがでしょうか?

The Robin Hood

営業時間:朝9:00~深夜0:00 無休 Googleマップへを開く http://maps.google.co.jp/maps?q=13.731704, 100.568140 公式サイト: http://www.robinhoodbangkok.com/

klongtoey500

クロントゥーイ市場と街のスーパーとフルーツの値段比較

マンゴスチンがそろそろ市場に出始め、いよいよ南国フルーツの季節がやってきました。 マンゴー、マンゴスチン、ランブータン、ライチといった南国フルーツ四天王(勝手に命名)がそろうのが、タイでは、5月、6月くらいではないでしょうか?(注意!勝手な思い込みかもしれません) その中でもぜひ食べてほしいのが、マンゴスチン。 日本では、ほとんど見ることのない果物です。 なぜなら、大きい割に、中味は少なく、しかもアタリハズレが大きいからです。 違う表現をすれば、輸送費かかる上にリスクが大きい果物なので、原産国じゃないとなかなか食べることができないってことです。 そのマンゴスチンの値段(5月中旬)を比較してみました。 まずは、ビラマーケットで撮った写真。 villa_market_500

ここに出ている値段は、1キロあたりの値段です。 マンゴスチン1キロだと、親子3人で1回で食べ尽くしてしまう量です。 1キロあたり159バーツ。今のレートが1バーツ3.5円くらいなので、 557円(1キロ)となります。 今は、マンゴスチンが出たばかりなので、高めですが、これからどんどん安くなっていきます。 となりのランブータンが1キロ89バーツなので312円 次にクロントゥーイ市場は klongtoey500 マンゴスチンが1キロ60バーツ(210円) ランブータンが1キロ35バーツ(123円) イージーステイに宿泊したら、ぜひクロントゥーイ市場に行って見てください。 管理人(妻)の行きつけの、「このおばちゃんのお店なら間違いない!」というフルーツショップを教えます!

おばちゃんヨコ

タイおばちゃんのタイ料理

タイ料理おかず EZ STAY Bangkokから徒歩3分のところにおばちゃんのタイ料理のお店があります。 言葉が通じないのですが、 ガラスケースに入っているのを指さすだけでいいので、 オーダーは、とても簡単。

おばちゃん 写真慣れしていないのか、ちょっと笑顔が硬いですが、 いつももっと優しい微笑みの表情のおばちゃんです。 さて、先日僕ら二人が頼んだのは、 コームートート(豚ののど肉の唐揚げ) 30バーツ 野菜いため 20バーツ トムカーガイ (ココナッツミルク味のトムヤムクンで、エビの代わりにチキンがはいっているスープ) 30バーツ ごはん 10バーツ でした。 コームートート02 コームートート トムカーガイ トムカーガイ。タイ料理の中でも有名な部類。 毎日メニューが変わるので、何がいくらとは書きにくいのですが、 だいたい、肉や魚系が一皿30バーツ。 野菜系が一皿20バーツ。 ごはんが10バーツ。 です。 場所は、コームーヤーンのお店からクロントーイ市場のほうに5軒となりくらいにあります。 おばちゃんの顔を覚えておけばすぐにわかると思います。 外観 店内 ローカル度90%。 ロンポー内にあるアクロストラベルの日本人スタッフ御用達のお店で 僕らもたまにいくお店です。 料理に派手さはありませんが、おいしいです。 お試しあれ。 NHK 「テレビで中国語」のコラムでも取り上げられていました! http://www.chatabi.net/colum/2062.html  

おかゆ

EZ STAYから歩いていける朝ご飯屋台通り

おかゆ EZ STAYの朝ご飯といえば、コームーヤーンがダントツの人気ですが、 毎日コームーヤーンというのもな〜、という方のために朝ご飯通りを紹介します。 場所は、ラマ4世通りをの信号を渡って、左折。 マグドナルドの横のガソリンスタンドのエッソとBMWのショールームの間の通りです。

エッソ 通り 月曜日が定休で朝8時30分ごろには、売り切れ店があいつぐので、 少し早起きして行きましょう! 僕たちがよく買うのは

●つくね入りおかゆ 卵入りで30バーツ(トップ写真)

●パトンコー 揚げパン 20バーツ

(20バーツ分くださいとオーダーする。20バーツ札を見せるだけでも通じるはず)

●豆乳 値段忘れました

●臓物スープ 50バーツ

スープ 量は、このお椀3杯分あります。 タイ人はこれとご飯で食べています。 入っている具 臓物といっても胃、レバーなど  

●肉ご飯 まだ食べたことがないがおいしそう

その他、スープ屋や串焼き屋などがでています。 ぜひお試しあれ。 朝ごはん場所の地図  

タイ語アイコン

行き先のタイ語表記

主な行き先をタイ語表記にしてみました。 タクシーに見せる時や道で人に聞くときに便利かな〜と思いアップします。

バスターミナル

 

●北バスターミナル

สถานีขนสงหมอชิด 2 チェンマイ、ラオスのビエンチャン方面、シェムリアップ(カンボジア)行き国際バスは ここ発着です。

●エカマイバスターミナル

สถานีขนสงเอกมัย パタヤ、サメット島、方面に行くバスは、ここ発着です。

●戦勝記念塔(アヌンサワーリー)

อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ いろんな方面に向かうロットゥー(ミニバス)が集まる。 メークローン市場(傘たたみ市場)やアムパワーの水上マーケット、カンチャナブリ、アユタヤ行きのロットゥーはここを発着

●ルンピニ公園

สวนลุมพินี カンボジア国境まで行くカジノバスが出ます。

空港

 

●スワンナプーム空港

สนามบิน สุวรรณภูมิ

●ドンムアン空港

สนามบิน ดอนเมือง

●フアラムポーン駅

สถานีรถไฟกรุงเทพ 長距離列車の始発駅

●トンブリー駅

สถานีรถไฟธนบุรี カンチャナブリまで電車で行くときの始発駅

●クイーンシリキットコンベンションセンター駅(地下鉄)

สถานี รถไฟใต้ดิน ศูนย์สิริกิติ์ EZ STAY Bangkokの最寄りの駅

●マッカサン駅(エアポートリンク)

มักกะสัน (สถานีรับส่งผู้โดยสารอากาศยานในเมือง) スワンナプーム空港に行く際、EZ STAYからマッカサンまでタクシーで行き、 そこからエアポートリンクに乗るという方法もある。 国鉄マッカサン駅もあるので注意

●アソーク駅

(บี.ที.เอส) อโศก

●プロンムポン駅

(บี.ที.เอส) พร้อมพงษ์

●トンロー駅

(บี.ที.เอส)ทองหล่อ ソイ38の屋台街がトンロー駅のすぐそばにあります

●ナナ駅

(บี.ที.เอส)นานา

旅行者が観光もしくは遊びに行くところ

●カオサンロード

ถนน ข้าวสาร

●王宮

วัดพระแก้ว

●ワット・ポー

วัดโพธิ์

●パタヤ

พัทยา

●レームバリハイ

แหลม บาลีฮาย パタヤビーチ南端の埠頭。 ラン島に行くときに乗る船乗り場。

買い物

●MBK

เอ็มบีเคเซ็นเตอร์ (มาบุญครอง)

●セントラルワールド・伊勢丹

เฃ็นทรัลเวิลด์・อิเฃตัน

●ウィークエンド・マーケット(チャトチャック)

ตลาดนัดจตุจักร

●アジアティーク

เอเชียทีค เดอะริเวอร์ฟร้อนท์

●プラトゥナーム

ประตูน้ำ

●ヤワラート(中華街)

เยาวราช

その他

 

サミティベート病院

โรงพยาบาลสมิติเวช