(英語できなくても大丈夫)タイのATMの使い方(写真付き)

今回は、タイでのATMの使い方について説明させていただきます。

海外で、ATMを使う際には、海外キャッシング枠のあるクレジットカードや、キャッシュパスポートが必要になるので、詳しくはリンクの記事をご覧ください。

世界一周経験者にきいた!タイ旅行にオススメのクレジットカード

 

 

さて、本題に戻りますが、海外キャッシングのメリットといえば、現金を換金所で変える必要がなく、ATMで現地通貨を手に入れられることです。

キャッシングはクレジットカードと同じ扱いになるので、ATMで引き出した額が翌月にカード会社から請求される流れです。

それでは、写真付きで説明していきます。

① まずはATMをみつけます。当宿の一階にもATMがありますし、近くのスーパーマーケットBIG CにもATMがあります。

② 右下のカード挿入口に、ご自身のカードを挿入してください

ここで、日本語、英語、タイ語など言語を選択画面が登場するATMもありますが、このATMはなかったので、続けます

③ つぎに、暗証番号の入力です。

画面上にENTER PINという文字がでたら、「暗証番号を入力してください」の意なので、番号をいれましょう。

④ つぎがメイン画面になります。

 

Withdrawが現金引き出しになりますが、Fast Cash下ろすことも可能です。

違いは、Withdrawだと、好きな金額を入力して現金を引き出せるのに対して、

fast cashはワンプッシュで500, 1000, 2000, 5000と金額を決めることができます。

 

急いでいるときはfash cashを使うととても便利です。

Withdrawで、金額を入力したら、okを押します。

大抵のATMは200バーツほど手数料を取られることを知っておく必要もあります。

 

このあと、下から現金を受け取り、カードが返却されたら取引終了です。

 

カードのお取り忘れがないようお気をつけください。ここは日本ではないので、カードをとり忘れた場合、大抵の確率でカードは盗まれます。

その場で気付けば、カード会社に電話して、カードを止めることが可能です。

このような場合に備えて、クレジットカードは二つ持参することをお勧めします。

 

さいごに、

海外で現地通貨の引き出しができる、キャッシングはとても便利ですが、10~15%/年の金利が発生するのが唯一のデメリットでしょう。

ちなみに、キャッシングにオススメのカードは「楽天プレミアムカード」です。

カードのリンクは以下から。

世界一周経験者にきいた!タイ旅行にオススメのクレジットカード

 

海外で滞在する上でとても便利で、しかも現金がメインのここタイでは、あって損はありません。是非、ここで使い方を覚えて、キャッシングを利用してみてください。