タイの電車BTSとMRTを乗る際に知っておくべきこと(乗り方まとめ、写真付き

タイでの、移動はタクシー、バイタク、トゥクトゥクがメインになりますが、実はそのなかでもダントツで早くて安いのが地下鉄のMRTと高架を走るBTSという二種類の電車になります。

実は、この2つ、電車といえど、チケットの買い方がまったく違ったりと勝手が違う部分あります。

日本で普段から電車を利用されている方も、確認だと思って、読んでいただけたら幸いです。

BTSの乗り方

BTSは高架を走る列車のことで、北はナイトマーケット「JJ Green」があるMo Chit駅から中心街であるSiam, Nana, そして当宿の最寄駅であるPhrong Phonを通り、Samrongまで直通しています。

中心街へのアクセスもBTを利用すればとても楽ですし、何よりバンコクの朝夕の渋滞は目に余るものがありますので、特にラッシュの時間帯はBTSを利用することをおすすめします

さて、BTSの乗り方ですが、駅は高架にあるので、道路にあるこのような歩道橋を利用して、駅に辿り着きます。BTSのマークが目印です。

BTSのサインに沿って歩くと改札口にたどり着きます。改札口のとなりには窓口がありますので、窓口にて行先とチケットの枚数を伝えて、チケットを購入します。

チケットを購入したら写真にあるようなICカードを受け取り、改札口へ。

カードをかざす部分がありますが、これは使用しません。私たちが購入する1回券の場合はその下のカード挿入口に入れてください。

改札口を通過したらプラットホームへ

1番線と2番線がありますが、このようにその電車が向かう方向は緑色、逆の方向は薄くなっているので、自分が乗る電車が行きたい方面へ向かうのかはプラットホームにある路線図をみて確認しましょう。

MRTの乗り方

MRTも同じくバンコクの北から南を結ぶ路線です。

MRTは地下鉄なので、電車の駅は地下にあります。

このようなサインが目印ですので、まずは切符売り場を目指します。

切符売り場は券売機、または窓口で購入できますが、窓口での購入のが簡単です。

窓口にて係員に「〇〇まで行きたい」と言えばチケットを発行してくれます。

MRTのチケットはBTSのようなICカードでなく、写真のようなチップがチケットの代わりになります。

このチップを改札機の黄色い部分にかざすと、改札機を通過できます。

プラットホームから電車に乗るまではBTSの流れと同じく、ホームにある地図でいく方面を確認してください。

(色が塗られている方向へ進む)

目的地についたら、電車を降車しますが、改札機から外へ出る際は改札機にチップを入れる場所がありますので、その穴へICチップを入れて外へ出ましょう。

乗り方の手順を知っていればとても簡単に乗車でき、かつ早く、安く移動できるのがこのBTSとMRTです。

また最初にも書かせていただきましたが、空港から当宿へお越しの際は、タクシーの利用も可能ですが、渋滞や価格を比較すると、公共交通機関を利用したほうが安く、早く到着できます。(時間帯による)

ちなみに、空港からタクシーで宿までお越しいただくと300バーツ~350バーツですが、公共交通機関を利用するとわずか60バーツでお越しいただけます。

みなさまが、快適で充実したタイ滞在を送れるよう、当宿がサポートさせていただきますので、ぜひタイお越しの際はご利用ください。

また、当宿はお客様のご要望に合わせて、ゼロから作るチェンマイへの旅ツアーを企画させていただきました。

ゲスト様のご希望に沿って、思い出に残る旅のプランニングをお手伝いできれば幸いです。

ご連絡は ezstaybangkok@gmail.com にてお待ちしております。

読んでいただきありがとうございました。