タイがフリーランスにとって最適な拠点となる3つの理由(長期ステイ)

わたしがタイに拠点を置くようになって数ヶ月が経過しましたが、タイは今まで訪れたどの国よりと比べてももフリーランスにとってとても住みやすく、居心地の良い国だなと実感しています。

今回は、なぜタイに移住、または拠点を構えるべきなのかをさまざまな視点から説明させていただきます。最後にはEZSTAYバンコクのほか、チェンマイの案内もさせていただきますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

タイでフリーランス、ノマド生活を送るメリット1 圧倒的な物価の安さ

タイの物価の低さは東南アジアはもちろん、どこの国と比べても群を抜いています。

食費は屋台でご飯を済ますことができれば1食150〜200円程度。1日500円少々で生活ができます。

日本食をレストランで食べようとすればやはり1食7~800円ほどかかりますが、そこまで食にこだわらなければ食費をかなり抑えることができます。

しかも、タイ料理は麺類、ごはん、お肉、海鮮、デザートと品数が豊富ですので仕事に精を注ぎつつも、色々な屋台飯を食べることができるのも、タイに長期滞在するメリットです。

他にも、交通費も日本と段違いに安いので、タクシーに乗れば初乗り100円、バイクタクシーに乗れば初乗りは70円ほどです。他にも地下鉄や電車に乗っても、30分ほど乗車して100円少々。マレーシアやシンガポールも電車賃は安いですが、タイは段違いです。

さらに、フリーランスの多くの方々はコーワーキングスペースを借りるなど仕事場を確保する方が多くいますが、各国値段はピンキリで正確に高いか低いかを説明することはできませんが、タイでコーワーキングスペースを借りると一年契約で4,000円ほどの場所もあります。

食費、家賃、固定費全て含めても5万円ほどあればかなりいい暮らしができるので、ノマド生活になること間違いですし、駆け出しで収入が少ないフリーランスの方も、タイで生活を抑えるのも1つの手ですね。

タイでノマド生活を送るメリット2 タイ人の穏和さが自分をも変える

もし、ストレスが溜まるような場所にいるなら

もし、日頃の生活にうっぷんがたまっているなら

私は一度タイにきてみることをおすすめします。

この国の人の優しさに触れればストレスはもちろん、人間関係で悩むこともなくなります。

タイに滞在されているフリーランスや個人事業主の方々はストレスがなく、自分の生きたいままに生きている印象がとても強いです。

フリーランスとして活動しつつも、息が詰まれば外にでて、現地の人たちを触れ合う機会、温かさに触れられる機会があります。

ストレスフリーなり、仕事に打ち込めるという面でもタイでのノマド生活は理想的かもしれません。

こんな景色をみながら、現地の人とのんびり会話をしたりして、また仕事をする、なんて生活

素敵ですよね

タイでノマド生活を送るメリット3 シェアハウスに住み刺激し合う

先述した通り、タイはすでに多くのフリーランスの拠点になっており、日本人フリーランスの集まるシェアハウスもあるほどです。

やはり、何をするにしても環境はとても大切でして、スポーツ選手が強いチームに入れば、競争の激しい環境下で格上の選手たちと切磋琢磨しつつも、自分自身も自然と順応していくのと同じで、フリーランスもほかのフリーランスに囲まれながら仕事ができれば刺激にもなりますし、他の人からアイデアをもらうことで、思いもよらぬ成長があるかもしれません。

そんなフリーランスの方々や、海外ノマド生活を送りたい方のために、当宿はバンコク、チェンマイの日本人宿として多くの方に利用していただいています。

現在は短期滞在の旅行者さま、バックパッカーだけでなく、長期滞在の方向けのサービスも提供しており、タイの拠点として多くのフリーランスの方、またはタイと日本を二拠点にデュアルライフを送る方々に利用していただいてております。

当宿周辺にも超高速Wi-Fiを備えたカフェはもちろん、中心地や空港へ通ずる電車の最寄駅であることなと、アクセスも抜群なので、仕事をしながらタイを楽しむには最適です。

そして、実は当宿はバンコクだけでなく、タイの北部にあるチェンマイにも拠点を構えられるように、チェンマイでも長期ステイが可能となりましたので、チェンマイにステイしてみたい方も当宿がサポートさせていただきます。

バンコク、チェンマイともに、価格は応相談、長期ステイにもしご興味がありましたら

ツイッターまたはezstaybangkok@gmail.comにご連絡ください。

一人でも多くの方がタイで充実した海外ノマドライフを送り、一歩でも成長できるような環境作りができるようサポートさせていただきます。

読んでいただきありがとうございました。