スタッフが教えたくない、日本食屋さん【 ウエストうどん居酒屋】

とある日の朝でした。

当宿でお手伝いをしているスタッフと他愛のもない話をしている時のこと。

そういえばオーナー、ぼくめちゃめちゃ気になる日本食屋さん見つけたんですよ。ご飯とみそ汁がおかわり自由らしいですよ

私は、以前からこのお店が気になっていたのも事実で、このスタッフがまた超がつくほどの大食漢。

取材も兼ねて、彼のランチに同行することにした。

元々はAzumaという名前のお店だったが、最近店名をウエストうどん居酒屋と改めた。

場所は日本人も多く住むプロンポン駅のすぐそばで

当宿からはタクシーで10分ほど。

ただ、このお店がとても入り組んでいるところにあること、特に昼間はプロンポン駅周辺が混雑することなどを含めると、ここへ向かうのにはバイクタクシーが最適だ。

お店にはウエストうどん居酒屋と大きな看板が。

これだけ目立つ看板を掲げてくれていると、迷うこともない。

この日の来店は午後1時30分。

スムーズに入店することができたものの

ラッシュの時間帯は列を成すことも

珍しくないので、お昼時は覚悟が必要だ。

店内は、吹き抜け天井が魅力。

洗練されていて、清潔感が漂う

まさに日本食屋さんといった感じの雰囲気。

さて、注目のメニューだが、

うどんがメインなのか、うどんが先頭

そのあとに丼ぶりものがあって

お、ようやく最後に登場したのが、

お目当ての定食メニュー。

コロッケ、カツ、唐揚げなど、

日本でも定番の定食メニューの他

季節限定のチキン南蛮、カキフライなど

日本全国の食材を扱って

豪華なラインナップ。

私たちはカツ定食と唐揚げ定食を注文

ど定番だが、ウキウキが止まらなかった。

この店はお茶もサービスされる。

日本人の口に合う緑茶だ。

普段、別でドリンクを注文しなければいけない

タイでは珍しいケース。

嬉しい限りだ。

待つこと約10分、いよいよ定食のお出ましだ。

先に登場したのは、カツ定食。

カツと一緒におかわり自由のキャベツ、豚汁、ご飯も登場。かなりボリュームがある。

続いて、唐揚げ定食も登場。

こちらは6個の唐揚げが乗るが、

1つ1つのサイズが大きい。

揚げ物はジューシーで

食べ応えがある

とにかくご飯が進む。

付け合わせのお新香も絶品

とにかくご飯が進む。

豚汁は、お出汁が効いていて

中の具材もおいしく

とにかくご飯が進む。

久しぶりにいただいた

キャベツは和風ドレッシングと

良く絡み、箸が止まらず

とにかくご飯が進んだ。

気づいたら、私は三杯。

同席した彼は五杯のご飯をおかわりした。

おいしい、日本米

久しぶりの日本米

感動の連続が続いた

ランチだった。

帰り道で

「オーナー、ここ誰にも教えたくないですね」

と言われたので

「いや、ブログに書くよ」と一言

「えー!!!そんな、、、」と言いつつも

いつかゲストさんたちとみんなで

ランチに来たい

そんな雰囲気を伺わせる

笑顔と満足そうな顔を見ながら

この店をあとにした。

ウエストうどん居酒屋

お店情報

住所: Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110, Thailand

営業時間

11:00am~9:30pm (毎日営業)