もつ鍋

もつ食べたければ、タイの有名店もつ鍋の王春盛へ

タイ人に教えてもらったもつ鍋の有名店「王春盛」。 それは、僕たちが応援するサッカーチームのホームグラウンドの目の前にありました。 タールアのチケット売り場

平日のお昼に行くと、お店は、タイ人でいっぱい。 ローカル度100%、地元で愛されるこれぞ名店という感じ。

[ad#ez_bangkok-post_inside]

王春盛   これが名物のもつ。大鍋でぐつぐつ煮込んでます。 もつ   そして、これが名物料理のもつ鍋です。 タイ語で、ガオラオ、って言います。これで180バーツ(540円)。 2人で食べてちょうど良い感じ。 もつ鍋 中の具の一部はこんな感じ。内蔵のいろんな部位が入ってます。 具 ごはんに汁ごとぶっかけて食べるのがいいです! ごはんは、小椀で、5バーツ(15円)。 ごはん自体は、炊き方とかイマイチなんですが、 汁ぶっかけてつゆだくにすれば、おいしくなります。 ぶっけごはん となりのお兄さんは、一人で来ていて、2品頼んでいた。写真を撮らせて貰いました。 ガオラオ1人前 写真左がガオラオ1人前(鍋にははいっていない)。これで70バーツ(210円)。 写真右が具のみ(汁無し)で50バーツ(150円)。具の追加みたいなものですね。 メニューは、タイ語なので、適当に人が食べているのを指さしてオーダーしましょう! メニュー ちなみに、メニューの上から4番目の50/60/70バーツと書いてあるのは、クイッティアオという米麺入りののガオラオ(もつ煮込み)のことです。 値段の違いは、大きさの違い? それは、確認してないので定かではありません。 もつ好きには、たまらないお店です!