【取材第2弾】バンコク日本人宿スタッフが教える、オススメスポット

前回はEZSTAYバンコクで1ヶ月の間ボランティアとしてお手伝いしてくれた

京都の大学三年生、斎藤隆志くんが「バンコクでの経験によって世界に目を向けるようになった」ことについてのインタビュー記事をアップさせていただきました。

今回は、その隆志くんが一人のタイ経験者として、これから旅をされる方にオススメの場所、レストランや気をつけてるべきことを紹介していきます。

 

タイで特に印象に残った場所はある?

タイ古式マッサージにはよく通いましたね。

1時間100バーツ(300円)ほどでできるとこもあれば、もっと高いお店もあります。

ちゃんと希望を伝えれば痛すぎないマッサージをしてくれますので、まずちゃんと希望を伝えることが大切です。

マッサージはタイ生活でリラックスしたいときにお気に入りですね

 

では、お気に入りの食事スポットは?

タイ料理ではないですが、自分はこちらに来て以来「空芯菜にハマっていまして、宿の近くにある「ソーントーンポーチャナというお店の空芯菜がとても美味しいのですっかり大ファンです。

タイにまた来る機会があれば、必ずもう一度食べたいですね。

隆志くんオススメの空芯菜炒め

 

 

空芯菜なんですね(笑)タイ料理のオススメは?

やはり、豚の喉肉をグリルしたコームーヤンマンゴーはお気に入りです。

中でもバンコクの中心地であるサイアムにある、マンゴタンゴのマンゴーは絶品です。

(マンゴタンゴの絶品マンゴー)

観光客の方は必ずサイアムに行く機会があるとおもつので、是非マンゴタンゴに足を運んでいただけたらと思います。

 

観光客の方に勧めたいオススメスポットは?

 

やはり、ワットパグナムは欠かせません。

自分もEZSTAYに宿泊したゲストさんとワットパグナムへ観光にいきましたが、その壮大さと美しさに圧倒されました。

どれだけ時間がなくても、ここだけは行ってほしいスポットですね。

では、タイを旅行する際にこれだけは必ず持ってきてほしいアイテムは?

 

折りたたみ傘ですね。タイはスコールが降るので、夕方突然どしゃ降りの雨が降って、ずぶ濡れになってしまうケースも珍しくありませんので、傘、カッパなどの雨具を準備してください。

 

タイ滞在で気をつけることはありますか?

 

タクシーには気をつけてください。

必ずメーターを使用するタクシードライバーを見つけるか、事前に値段交渉を行い値段を決めるまでは乗り込まないようにしてください。

どうしてもタクシーの乗車に不安があるなら、配車アプリのGrabを利用するのもおススメです。

 

もう一つ、バイクタクシーに乗るのも気をつけてください。

自分は雨の日に一度荷物を持ちながらバイクタクシーに乗って、振り落とされそうになったことがあります。

あれほど危険な目に遭ったことは過去になかったので、はじめて死を感じました。

 

 

タイ滞在中は語学面での苦労は?

 

タイはタイ語と英語を話せる人が多かったですが、語学の壁は感じました。

タイ人と遊ぶ機会をありましたし、そういった際は自分は上手に英語を話せませんが、身ぶり手ぶりで伝えたいことをしました。

 

タイ人の友達もできたとか?

そうですね、こちらで知り合った子もたくさんいるので、何度か遊びに行く機会がありました。

 

他にも、現地の人とデートに出かけるまでに発展したとか?

 

数回ですが、タイ人の女性とお食事させていただく機会がありました。

 

そのときは会話はどうだった?

 

そのときもお互い100%意思を伝えることができたわけではありませんでしたが、伝えたいことを身ぶり手ぶりを交えて説明していました。

どうしでも伝わらないときは、google翻訳を利用したりして会話をしていました。

 

語学の面でその後の変化は?

 

今回の1ヶ月で語学が成長したという実感はありませんが、やはり英語は大切だなと感じました。

実は英語の勉強が嫌いで、苦手意識もありました。

でも、旅行者の方が英語でやり取りしている姿をみたりしていたら、英語ができたらもっと楽しいだろうなと思うようになりました。

英語を学ぶに越したことはありませんね。

 

なんでもタイの日本語学校に行ったとか?

 

そうなんです、前々から海外で日本語を勉強している学生さんに興味があったので、自分から連絡してアポを取って、日本語学校にお邪魔させていただきました。

そのときは、実際にクラスの授業に参加して、生徒の文法を直したり、食べ物の名前をタイ語から日本語にしたり、接続詞を教えたりと、日本語で会話したりしました。

改めて日本語って簡単じゃないなと感じましたが、とてもいい機会になりました。

 

最後に一言お願いします

 

タイに来ると、いやEZSTAYに宿泊すると、想像以上の経験ができます。

また、普段会うことができなうような日本人の方との出会いが待っています。

自分もこうして成長させていただく機会を頂いたので、勧めないわけにはいきませんね(笑)

隆志くんありがとうございました

ありがとうございました!

後日談

こうして、隆志くんのインタビューは急遽企画となり、突然はじまりました。

人生初のインタビューということで、少し照れながらも、色々学んだんだなと感じさせるコメントがたくさんありました。

また、この日はインタビュアー以外にEZSTAYのオーナーも同席。

普段隆志くんとオーナー二人では話すことがなかったような、本音もでてきたようです。オーナー自身も「これからの彼に注目ですね」と笑みを浮かべていました。

ちなみに、隆志くんにとってオーナーのイメージは「怖い人」だったそうですが、話してみると温和で、アツく、夢のあるカッコいい人に変わったそう。

毎朝ご飯を食べたり、タバコを吸いながらたわいもない会話をしながら黄昏ていたのが思い出だそうですが、

オーナーから聞いた「いつから行動しても早過ぎることはないという言葉はとても心に残っているそうです。

隆志くん、一ヶ月のタイ滞在。

おつかれさまでした!

 

読んでいただきありがとうございました。