【初インタビュー】EZSTAYバンコクでぼくの世界はこう変わりました

バンコクの日本人宿で1ヶ月ボランティアスタッフとして働いた斎藤隆志さん。

現在、京都の大学で経営学を専攻する彼がいったいなぜ、ここバンコクの日本人ゲストハウスで大学三年生の夏休みを過ごすことになったのか、

帰国前の彼にこの1ヶ月の体験をインタビューしてみました。

きっかけは旅だった

隆史くんがここの手伝いをすることになったきっかけは?

バンコク行きを決めたきっかけは旅でした。

夏休みを利用して東南アジアを1ヶ月ほどかけて旅をしようとしたのですが、

バンコクの日本人宿を探している際に、スタッフ募集の広告を発見しました。

タイには行ったことがなかったので、タダで宿泊して、海外に行けるなんて面白いなと思って応募したら、採用していただき、ぼくのタイでの夏休みがはじまりました。

 

旅がスタートだったんですね、実際、EZSTAY滞在中にはどんなことを?

スタッフとしては、主にベッドや部屋の清掃、宿泊されるゲストの受付などを担当していました。

その他にも、ゲストの皆さまと寺院巡りをしたり、街を案内させていただいたり、夜ご飯を食べに行ったりと、毎日刺激的なタイ生活になりました。

 

EZSTAYの印象は?

この宿にいらっしゃる方は皆、とても濃い印象です。

これまで海外旅行の経験はありましたが、宿泊先は毎回ホテルでした。

ゲストハウスに泊まった経験がなかったので、今回がはじめてゲストハウスでした。

EZSTAYでは、人との出会いに恵まれたのが良かったです。

特に、社会人や、世界一周者など、普段日本で出会う機会がないような人と出会うこともできました。

来たる来年の就職活動はもちろん、旅に関することをはじめ、たくさんのことを教えてもらいとても刺激をもらいました。

この宿でお会いしたみなさんは、ぼくにとってかけがえのない宝物です。

その中でも、特に印象残っている人は?

この宿でお話しさせていただいた方のお話はどれもメモに書き残していますが、

1番印象に残っているのは実は旅人の方ではなく、宿の一階でたまたまお会いした、バンコク在住の日本人の方でした。

その方はバンコクに仕事関係でいらしていたのですが、なんと102カ国を旅したことがある、超ベテランの旅人でした。

彼からは就活、社会人としての行き方はもちろん、今後の人生で生きていく上で大切なことを教えていただき、ぼくの今後の人生における指標となりそうです。

 

 

スタッフとして大変なことはあった?

オーナーが日本に一時帰国していた期間は大変でしたね。

元々、予約が少ない期間でしたが、オーナーが帰国後に来訪者が激増。しかも、ちょうど同じ時期に風邪を引いてしまったんです。

風邪を引きながら、一人で、宿の管理を行い、パソコンにデータを打ち込んだりと大忙しでした。

 

宿を一人で管理するのはプレッシャーも感じましたが、日本ではできないような体験ができたので、今ではとても感謝しています。

活動的な部分でいうと、夜ご飯を決めるときですかね。自分はよくゲストさんと夜ご飯を食べに行っていたんですが、そのときに今日はこれでいいかな? これでゲストさんは満足するのかな? とはじめて相手の立場に立って物事を考えるようになりました。

 

この1ヶ月で学んだことは?

 

視野が広がりましたね。

あぁ、別に日本にいなくてもいいんだって思いました。

海外に住んだみたいなと思うようにもなりました。

それと、旅をしている人たちと会ったり、話を聞いていて、もっと世界を見て回りたいと思うようになりました。

カンボジアやベトナムでの旅を終えてからいらっしゃる旅人の方もいらっしゃるので、その方から聞いた物を自分の目で確かめてみたいです。

 

特に行ってみたい国はありますか?

やはり、アメリカは魅力的ですね。

王道ですが、特にニューヨークには惹かれていて、なんというか、スケールが違うようなイメージがあります。夢がある国なので、近い将来、自分の目で確認してみたいです。

 

実際、タイに来てみて、タイの印象はどう?

 

タイはもともと、東南アジアにあることから発展途上国のイメージが強かったですが実際に来てみると高層ビルが建っていて良い暮らしをしている人がいることを知りました。

ただ、その反面でスラム街あったりと貧困層もいて、両局面をみて、この国を格差を感じました。

でも、タイはご飯も美味しいし、タイ人も優しいので居心地はよかったです。

 

今後やりたいことができたとか?

やりたいことができたというより、やりたいことが具体的になりましたね。

自分は大学の経営学部で勉強をしているものの、テレビ局で番組制作に携わりたいと思ったましたが、ただ携わるだけでなく、自分が中心となって番組を作りたいと思うようになりました。

それには、この宿を一人で管理した経験であったり、さまざまな人と出会えたからこそ自分の目標が変わったのだと思います。

 

じゃあ、ここに1ヶ月いたことは間違いではなかった?

 

結果的に来て良かったですね。いい経験ができました。

 

でも、旅の宿を探していて、ボランティアになるのって珍しくない? 

 

そうですね、きっとあそこで連絡していなかったら、きっと僕は宿泊者、あるいは日本でバイトと釣り部の活動に勤しんでいたと思います。(隆志くんは釣り部に所属)

行動が全て、その場の勢いで動くことってとても大切だなと改めて実感しています。

 

 

長くなってしまったので、今回はここまでです!

明日の夜に第2弾、隆史くんのバンコクでの生活や、これから旅をする人へのアドバイスをまとめてブログにあげさせていただきます!

お楽しみに!

読んで下さりありがとうございました。